For a certain generation, Wim Wenders is a special figure. During the era when art-house cinemas had a significant cultural impact, his films were considered “must-see movies.” Following the success of “Paris, Texas” (1985) and “Wings of Desire” (1987), Wenders’ works such as “The Goalie’s Anxiety at the Penalty Kick,” “Alice in the Cities,” and “Kings of the Road” were repeatedly re-released. While not necessarily fervent, Wenders’ films were quietly embraced. The influence he has had on contemporary filmmakers and visual artists is immeasurable (film students in Japan were only making road movies in the narrow confines).

In recent years, Wenders has been notable for his work as a documentary filmmaker, but now his narrative films have returned. “PERFECT DAYS” (2023), starring Koji Yakusho, is set in Tokyo. It was selected for the Competition section of the 76th Cannes Film Festival, where Yakusho won the Best Actor award. Additionally, it was nominated for the Best International Feature Film at the 96th Academy Awards. It’s a Wenders celebration. Many longtime fans rushed to theaters, feeling compelled to see it.

The story of “PERFECT DAYS” is simple. Hirayama (a name often seen in Ozu films) , a janitor working in Shibuya, Tokyo, lives a mundane life. He wakes up at the same time every morning, prepares himself in the same way, tends to his plants, and works diligently.

In the film, there are no major events. Hirayama’s daily routine, which seems to repeat the same things every day, takes a slightly irregular turn on his day off. He wakes up a bit later, does the accumulated laundry, and enjoys a drink at his favorite snack bar (with the presence of Mama Sayuri Ishikawa). While he usually travels by car, he uses a bicycle on his day off. The bicycle used in the film is a vintage “Rudge-Whitworth” from England. Hirayama leisurely rides with his laundry in the long basket attached to the bike.

However, why does Hirayama ride such an old bicycle? He owns a car for work and carries a mobile phone (not a smartphone), yet his living space is far from the standard of modern Japan. He doesn’t own a computer, and he listens to music on cassette tapes instead of Spotify. It’s like a world where time stopped long ago. In his world, there is no electric-assist bicycle. He lives each day earnestly, loves the trees, visits public baths, reads books, listens to his favorite music, and rides his familiar bicycle on weekends. That is the essence of perfect days—PERFECT DAYS, one might say. After watching the movie, one might feel like leisurely riding through the neighborhood on a bicycle. Wenders taught us the beauty and transience of everyday life. Everyday life is beautiful, almost too perfect.

Text_Hideki Inoue

I am from Amagasaki City, Hyogo Prefecture, Japan. I work as a writer and editor. My hobbies include hot baths, skiing, and fishing. Although I have no personal connection, I am independently conducting research on Shiga Prefecture. I prefer an active fishing style called “RUN & GUN,” which involves moving around actively instead of staying in one place. Purchasing a car to transport bicycles for this style of cycling seems like putting the cart before the horse.

Illusutration_Michiharu Saotome

CYCLE CINEMA⑧
『PERFECT DAYS』
日常は美しく、それはあまりにも

ある年齢層にとってヴィム・ベンダース監督は特別な意味を持つ存在だろう。ミニシアターがカルチャーに大きな影響力を持っていた時代、彼の撮る作品はどれも「観るべき映画」だった。『パリ、テキサス』(1985年)『ベルリン・天使の詩』(1987年)が大ヒットを記録した後、ヴェンダースの作品群――『ゴールキーパーの不安』、『都会のアリス』、『さすらい』など――が、何度もリバイバル公開された。熱狂とは言わないが、静かにヴェンダースの映画は受け入れられた。現在活躍する映画監督や映像作家たちに与えた影響は計り知れない(映画を学ぶ学生たちは狭い日本の中でロードムービーばかり撮っていたのだ)。 近年はドキュメンタリー作家としての活躍が目立っていたが、ヴェンダースの劇映画が帰ってきた。『PERFECT DAYS』(2023年)の主演は役所広司、舞台は東京。第76回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、役所が男優賞を受賞。さらに第96回アカデミー賞で国際長編映画賞にノミネートされた。もう、ヴェンダース祭開催だ。観るしかないではないかと、映画館に駆けつけた往年のファンも多いだろう。 『PERFECT DAYS』の話はシンプルだ。東京・渋谷でトイレ清掃員として働く平山(小津映画によく登場する名前だ)は、淡々とした毎日を生きていた。毎朝、同じ時間に目覚め、同じように支度をし、植物の世話をし、懸命に働く。 劇中、大きな事件が起こることはない。毎日同じことを繰り返す(ように我々には見える)平山の日常が、少しイレギュラーな動きをするのが休日だ。少し遅く起き、溜まった洗濯をし、馴染みのスナックで一杯飲む(マ […]

Read More

ウチナーンチュライダー 長濱良起が案内する
島の中を船で輪行?
沖縄・国道58号サイクリング

「船×自転車」。この組み合わせにグッとくる方、きっといらっしゃいますよね?改めましてこんにちは。沖縄で生まれ育った芯からのウチナーンチュライター・長濱良起です。このコラムは今回で2回目。沖縄のおすすめコースを紹介しております。 冒頭でも書きました「船」。飛行機や電車だと輪行バッグに入れてどうのこうのと大変ですが、船だったら自転車ごと乗れるのでシームレスな旅体験を楽しめます。 さて、「沖縄から船に乗ってどこ行くの?」っていう話ですよね。本島から県内離島に行くのか。それとも鹿児島航路で悠々と南西諸島をホッピングするのか… 目次 1. 本島から本島へ!2.やんばる路を走る!3.人気の道の駅で「ちんびん」!?4.沖縄名物・紅芋と隠れ名物・牛5.陽も落ちてラストスパート 1、本島から本島へ! 答えは「沖縄本島から沖縄本島」。本島南部の那覇港から本島北部の本部港まで約2時間、ときおり波に揺られながら北上し、それから約80kmの道のりを戻るように走破しようという1日です。 第一マリン交通が運航する「ジンベエ・マリン」*です。朝の便は8時半から。自転車を持ち込んでいる人も僕のほかに数名いました。人気のライドコースです。 最終行き先の本部渡久地港は、沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館がある町です。ジンベエザメがモチーフとなった船の客室はこんな感じです。 那覇港を出て間もなく、船内アナウンスで「進行方向右側にクジラが見えます。お楽しみください」という旨の案内がありました。海が広大すぎて探しても自力で発見できなかったのですが、沖縄近海では冬の時期にクジラを見かけることができ、あるホエールウォッチング業者 […]

Read More

Global Rideとは

「自転車で世界はもっと楽しくなる」をモットーに、
自転車を通して世界中の人と人、
街と街とをつなげていくことのできる、
そんな橋渡しのような存在になれることを
目指しています。
シェアバイクからファンライドイベントまで、
初心者からサイクリストまで、
自転車と関わるすべて人が
より豊かな気持ちになれるよう、
より実りある生活が送れるよう
できる限りお手伝いしたいと考えています。
「自転車で世界がずっと楽しくなった」
ひとりでも多くの方にそう思っていただけるように、
わたしたちは走りつづけます。

下町自転車散歩 #01
東京下町谷根千エリアで御朱印集め

目次  1. こんにちは、お江戸下町っ子です 2. 若い世代にも人気の谷根千エリアで御朱印集め 3. 下町にもE-BIKEの波が。レンタル自転車でぶらり散歩へ 4.ランドマークの根津神社で御朱印帳と御朱印をゲット 5.白山神社で特撮っぽい狛犬に出会う 6. 老舗のせんべいは四角い? 7.日本人が愛する侍物語由縁の寺へ 8.谷根千エリアは町ぶらグルメもぬかりなし 1. こんにちは、お江戸下町っ子です はじめまして。東京・下町生まれ、下町育ちの下町こんぶと申します。一応、3代続いている江戸っ子です(東京は3代住めば江戸っ子、横浜は3日住めば浜っ子と呼ばれるそうです)。本コラムでは、東京都内の下町と呼ばれる庶民的な地域をレンタル自転車で巡り、町の魅力をお届けします。駄菓子のように気軽なレポートをお楽しみください。 2. 若い世代にも人気の谷根千エリアで御朱印集め 2024年1月某日。 日本晴れの天気に誘われるように、東京の寺社が多く集うエリア「谷根千」で御朱印集めの自転車散歩をしてみることにしました。「谷根千」とは東京の東側に位置する谷中、根津、千駄木の街をまとめた総称。かつては夏目漱石や森鴎外など日本を代表する文豪たちが住んでいた文化的な地域です。 御朱印集めは日本に昔からある収集趣味ですが、若い世代にも人気があり、寺社巡りの楽しみの1つとして定着した感があります。日付つきの、その日その場所でしか入手できない書画を頂けるというのはぜいたくですね。といいつつ、実はきちんとした御朱印集めは初体験なので下調べ。ふむふむ、受け取り方としては、以下の2種があるそうです。 1.御朱印帳に直接押 […]

Read More

訪日外国人の方へ
バイクシェアの利用方法 / ドコモバイクシェア

※この情報は当サイトで確認した2024年1月現在のものです。また、本ページはドコモバイクシェアの公式のものではありません。基本的に東京版の情報を紹介しています。ご不明点がある場合は、直接ドコモバイクシェアにお問い合わせください。 公式ページ↓ https://docomo-cycle.jp/?lang=en 本記事の英語版はこちら↓ https://globalride.jp/en/how-to-en/bikeshare_docomo01_en 目次  1. ドコモバイクシェアの有人販売所で「1日パス(ICカード付き)」を購入する 2. ポートで自転車を借りる 3. 借り方、施錠の仕方、返し方 日本国内最大シェアのドコモバイクシェアは通常専用アプリを使用しますが、条件として日本国内の携帯電話番号が必要です。そのため、日本国外の携帯電話をお持ちの方はアプリを使用出来ません。そこで、携帯電話を使わない方法として、 有人販売所で1日パス(ICカード付き)を購入するという方法があります。 方法については以下の通りです。 1. ドコモバイクシェアの有人販売所で「1日パス(ICカード付き)」を購入する 有人販売所を訪れ、スタッフから1日パス(ICカード付き)を購入してください。※場所は下記URLをご参考ください。値段は2,200円。現金払いのみ。利用期限は利用日の23:59まで。利用期限内であれば何度でも利用できます。販売スタッフから詳しい利用方法を聞くことも出来ます。 有人販売所の場所※情報が最新のものではない場合がありますので、事前に電話で営業しているか確認することをおすすめします。 […]

Read More

CYCLE MUSIC⑦
B.J. Thomas「Raindrops Keep Fallin’ On My Head」

20世紀を代表する名作曲家、バート・バカラックが亡くなって1年が経ちました。ソフィスティケイトされた切なくも美しいメロディー、まさに“バカラック・マジック”と言うべきコード進行やリズム・チェンジを駆使した鮮やかで洒落たアレンジに、大胆かつエレガントな構成といった、軽妙洒脱で創意に富んだ彼のアート・オブ・ソングライティングは、都会的で胸に沁みる歌詞(特にハル・デイヴィッドの詞作)とのマリアージュも相まって、今なお時代をこえて世界中の人々の心をとらえていると思います。 僕がバカラックの名を意識して購入し愛聴したレコードは、サントラ盤や数多くのカヴァーも含め軽く100枚をこえますが、最初に彼の音楽に惹かれたのは、中学生の頃たまたま聴いていたFM番組で流れてきた3曲がきっかけでした。忘れもしない、B.J.トーマス「Raindrops Keep Fallin’ On My Head」(雨にぬれても)、ディオンヌ・ワーウィック「I’ll Never Fall In Love Again」(恋よ、さようなら)、アレサ・フランクリン「I Say A Little Prayer」(小さな願い)。今月のこのコラムでは、その中から自転車との関わりという観点で、「雨にぬれても」を紹介しましょう。 そう、B.J.トーマス「雨にぬれても」と言えば、何と言ってもジョージ・ロイ・ヒル監督が1969年に撮ったアメリカン・ニュー・シネマの代表作『明日に向って撃て!』で、ポール・ニューマンとキャサリン・ロスが自転車に乗ってデートするシーンで流れるのが印象的ですね。僕の友人にも、大好きな映画の […]

Read More

Honolulu Century Ride

USA / Honolulu | 2023.9.24 Sun

ホノルルで開催される約2000人のライダーが参加するハワイ最大のサイクリングイベント。 カピオラニ・パークをスタートし、クアロアの先にあるスワンジービーチ・パークを折り返す 100マイル(約160km)のファンライドコース。 もちろん初心者や子供たちが楽しめる25マイル(約40km)、50マイル(約80km)、75マイル(約120km)も充実(予定)。 マカプー・ルックアウト、カネオヘベイ・ドライブ、カメハメハ・ハイウェイなど、 圧巻と呼ぶにふさわしい青い空と海に包まれて走ることができるだけでなく、 ハワイの原風景とも呼べるワイマナロなど、楽園のギフトに出逢えるイベントです。

CYCLE CINEMA⑦
『キッズ・リターン』
闇の先に向かってペダルを踏み続けよ

北野武監督作品はヤクザ映画の印象が強い。『その男、凶暴につき』や『アウトレイジ』の影響だろうか。が、そのラインナップを見てみると、バイオレンス作品に挟まれながら『あの夏、いちばん静かな海。』『菊次郎の夏』『座頭市』などの多様なスタイルの作品を生み出していることがわかる。北野武監督はコメディアンであるビートたけしと共に静と動という両極を描くことのできる監督だ。多様な作品群のなかでもボクシングを題材とした『キッズ・リターン』(1996年)は異色の作品だといえる。スポーツ映画、青春劇、喜劇、悲劇、ヤクザ映画など、観る人や世代、背景によって主となるテーマの捉え方が変わるのだ。 ストーリーはシンプルだ。目的のない毎日を過ごす不良高校生2人がボクシングに出合う。先に始めたのは腕力に自信のあるマサル(金子賢)。彼の後を追いシンジ(安藤政信)も始めるのだが、ボクシングの才能を見出されたのはシンジの方だった。共に時間を過ごしてきた彼らだったが、ボクサーとヤクザという違う道を歩み始める。そして、それぞれ破滅の道に進んでいくのだった。 劇中、自転車が重要な役回りでたびたび登場する。高校生2人の移動手段はほぼ自転車。シンジが毎朝、マサルの家の前に行き自転車のベルを鳴らす。そして2人乗りをして学校に行くのだ。学ぶ目的のない彼らは自転車で意味もなく校庭を走り回る。自転車が登場するシーンは2人の楽しい時期と重なる。いたずらや喧嘩に明け暮れた高校時代、ボクシングに打ち込む時代。自転車に乗らなくなった彼らは転落していく。すべてを失い、そして運命的に再会した彼らは共に自転車に乗る。まるで青春時代のように。その時、 […]

Read More

天空を走る。神秘的な阿蘇ライド
サイクリングを楽しめる神社エリア #01

多くの日本人にとって九州は特別な存在だ。数々の神話が残る悠久のロマンが息づき、手つかずの大自然と都市の距離は近い。その環境が九州独特の文化を育んできたのだろう。なかでも熊本県は阿蘇山(高岳、根子岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳の五岳と広い意味では外輪山や火口原をも含めた呼び名)、熊本城、温泉、湧水など、九州の自然と文化を堪能するにはうってつけの場所。今回は壮大な景色が広がる阿蘇中岳火口を巡り、この地の文化を育んできた阿蘇神社を訪れる熊本ライドをご紹介しよう。 目次  1. 神の土地、阿蘇 2. 空港からすぐライド!牧草地帯を抜け道の駅へ 3. 阿蘇五岳を眺めながらエネルギー補給を! 4.折り返し地点はダイナミックな火山 1. 神の土地、阿蘇 今回おすすめするコースは阿蘇くまもと空港(熊本空港)から活火山である阿蘇中岳火口を巡り、阿蘇神社を訪れるコース。阿蘇のカルデラを眺めながら走ったり、ダウンヒルも存分に楽しめる。阿蘇中岳火口は迫力ある地鳴り音が響き、激しく噴煙を噴き上げる様子は国内外の観光客に人気だ。7万ヘクタール以上もある「阿蘇くじゅう国立公園」を有する阿蘇エリアでは、間違いなく、日本有数の大自然を堪能できるだろう。 今回のライドの目的は「阿蘇神社」と周辺の山陵地帯。阿蘇神社はこの地を開拓した健磐龍命(たけいわたつのみこと)をはじめ、家族神12神を祀り、2000年以上の歴史を有する古社。古くから、日本では火口が国家祈祷の対象とされていたそう。阿蘇神社は阿蘇山火口をご神体とする火山信仰と融合し、人々の崇敬をあつめてきた。 この中岳火口は、古くから神霊池・霊池・神池など、神格化した呼 […]

Read More

TVプロデューサー・河瀬大作のライドノート
沖縄編 #02
那覇の街をサイクリングするのは、想像以上に楽しいって話。

目次  1. 店長はYouTuber 2. レンタルE-BIKEで沖縄古今ライドへ 3. 定食屋で地元の味を噛み締める 4.祈りの聖地・波上宮を見た 5.那覇観光を凝縮、ぶらぶらポタリング 1. 店長はYouTuber 旅に出ようと思い立った。 どこかの街でのんびりと過ごしたいと最初はシンプルに考えていた。しかし次第に欲望がむくむくと大きくなる。美味しいものをいっぱい食べたいし、東京での生活とのギャップがあったほうがいいし、なにより過ごしやすい場所がいい。 で、選んだのが沖縄の那覇だった。 そしてもうひとつ、大きな欲望があった。 サイクリングだ。 首里城や牧志公設市場、県立博物館などが点在する那覇の街。ずっと歩いて回るのは億劫だし、そのたびにタクシーにのるのはお金がかかりすぎる。自転車があったらなぁと、以前訪れたときに何度も考えた。そこで今回はロードバイクを持って沖縄入りした。初日、足ならしにと市内をポタリングしてみたのだが、那覇の街中を走るにはビンディングシューズでがっちり足元を固めていては、ストップアンドゴーが多くてあまりにも不便だ。そんな折、たまたま通りがかったレンタサイクルのお店で空気入れをお借りしたのだが、めっちゃ親切で、かつメンテの行き届いたバイクがずらりと並んでいた。小径車のEバイクもある。しかも1日2800円から借りられる。 というわけで借りてみることにした。 国際通りにある、「イーチャリティ」というお店だ。https://e-charity.jp/pages/naha#cont4 あとから調べてみたら、このお店、中古の電動自転車を手広く販売していて、スタッフさ […]

Read More

BIKE NEW YORK

USA / NEW YORK | 2023.5.7 Sun

ニューヨーク・マンハッタンを4万人近いライダーが参加する地球最大級のファンライドイベント。 マンハッタンをスタートし、6番街からセントラルパークを通り、ブロンクス、クィーンズ、ブルックリンを巡り、 フェスティバル会場のスタティンアイランドへ。「5 BORO BIKE TOUR」と呼ばれるのはこのためです。 ニューヨークを思いっきり堪能できる約40マイル(64km)のコースは、 アップダウンも少なくエイドステーションも充実。 街乗り感覚で爽やかな5月のニューヨークを駆け抜けることのできる、大満足のイベントです。

Circle of Cycling Friends りんとも!
#02 今中大介さん

ライドを楽しむ人を繋げます。TVプロデューサー・河瀬大作さんからの「りんとも」は、みなさんがご存知の今中大介さん。日本人初のツールドフランス出場者です。最近はどのようなライドをされているのでしょうか。 目次  Profile 1. 愛車を教えてください 2. お気に入りのサイクリングコースは? 3. 直近で出場したライドイベントとその感想 4. 次に参加してみたいライドイベントとその理由 5. 過去のライド人生における最も印象的な思い出 6. ライド関係のお気に入りグッズとその理由 7. あなたにとってライドとは? 次回ゲストのご紹介 Profile 名前 今中大介職業 日本人初ツールドフランス出場者/株式会社インターマックス代表取締役趣味 自転車/レーシングカートで走ること自転車歴 45年くらい(大学で自転車部を作ってから)SNS Instagram @imanaka1   Facebook @d.imanaka1   blog ameblo.jp/imanaka11 1. 愛車を教えてください InterMax Ivector 2. お気に入りのサイクリングコースは? 富士五湖周辺。富士山、八ヶ岳、南アルプスなど四方を山に囲まれている道が好きです。山中湖周辺はオリンピックロードになってから整備されているので、ふだん乗り慣れていない家族と一緒でも楽しめる道でおすすめです。仕事柄、さまざまな方と乗りますが、週末は一人で40〜80kmを走ることが多いですね。自由を勝ち取る時間です。 3. 直近で出場したライドイベントとその感想 阿蘇パノラマラインヒルクライム2023。通常は観光道 […]

B2GC

QUEENSLAND, AUSTRALIA

クィーンズランド州ブリスベンからゴールド・コーストまで、 100kmを走るオーストラリアでもっとも有名なファンライドイベント。 参加ライダーも4000人を超え、オージーにもロングライドファンにも愛されている。 スタート地点であるブリスベン・サウスバンクを出てすぐ、約16kmを走るバスレーンは、 普段バスだけが走っている高速道路を、1年で1日、この日だけ自転車専用道路にできることで人気も高い。 見渡す限りの牧草地帯や海岸沿いのサイクリングルートなど、アップダウンも少なく走りやすく、 陽気で親日的なオージーサイクリストたちに囲まれると、自然に笑顔になってしまう。 まさに、オーストラリアを体いっぱいに感じることのできるイベントです。

TVプロデューサー・河瀬大作のライドノート
沖縄編 #01
じーっと猫が…サクサク天ぷらが100円…沖縄の小島をロードバイクでめざす旅。

目次  1. 那覇を喰らう 2. 寄り道ロードで平和を考える 3. 猫と天ぷらの島へ 1. 那覇を喰らう 急に日常から離脱したくなるときってありますよね。仕事をするのが嫌なわけじゃないんだけど、環境を変えたいっていうか。そんな時は自転車を担いで、どこかにいくのがよい。見知らぬ土地を風をきって走れば、もやもやなんてすっ飛ぶし、あなたの人生をより豊かにしてくれるだろう。 ということで、ある日、ロードバイクとともに那覇へと向かった。 2023年の12月、東京はもうコートが必要な寒さだった。しかし2時間弱のフライトで降り立った那覇の街は、Tシャツに短パンで十分だった。 那覇について、ホテルに荷物を預けると、なにはともあれ腹ごしらえ。 ここは美味いものの集積地だ。まずはおやつがわりに牧志公設市場でソーキそば。一口啜ると思わず、うまい!と声がでる。こんなに滋味あふれるそばが一杯480円。少し甘めでおだしが効いた味に、沖縄にきたことを実感する。その夜は、ジャッキーステーキハウスでテンダロインステーキ。肉が柔らかくって、ぱくぱくと食べられる。どちらのお店も、ほぼ地元の人たちで賑わっていた。沖縄、いいなぁ。サイクリングとは全く関係ないが、これも大切な旅の楽しみだ。 その日は朝から曇り空。しかもぽつぽつと雨がふってきた。午後にはやむようだが、出発が遅くなる分、ロングコースは難しいだろう。 そこで前々から気になっていた、ある場所に行こうと思い立った。 本島の南部、南城市にある小さな島。100メートルほどの橋で渡れて、猫がいっぱいいて、そこの天ぷらは絶品で、大勢の人たちが天ぷら目当てに訪れるという。那 […]

Global Ride Member

最新情報とお得な情報をいち早くゲットしよう!

MORE INFO

Support Event