# Yuken Teruya

TVプロデューサー・河瀬大作のライドノート
沖縄編 #02
那覇の街をサイクリングするのは、想像以上に楽しいって話。

目次  1. 店長はYouTuber 2. レンタルE-BIKEで沖縄古今ライドへ 3. 定食屋で地元の味を噛み締める 4.祈りの聖地・波上宮を見た 5.那覇観光を凝縮、ぶらぶらポタリング 1. 店長はYouTuber 旅に出ようと思い立った。 どこかの街でのんびりと過ごしたいと最初はシンプルに考えていた。しかし次第に欲望がむくむくと大きくなる。美味しいものをいっぱい食べたいし、東京での生活とのギャップがあったほうがいいし、なにより過ごしやすい場所がいい。 で、選んだのが沖縄の那覇だった。 そしてもうひとつ、大きな欲望があった。 サイクリングだ。 首里城や牧志公設市場、県立博物館などが点在する那覇の街。ずっと歩いて回るのは億劫だし、そのたびにタクシーにのるのはお金がかかりすぎる。自転車があったらなぁと、以前訪れたときに何度も考えた。そこで今回はロードバイクを持って沖縄入りした。初日、足ならしにと市内をポタリングしてみたのだが、那覇の街中を走るにはビンディングシューズでがっちり足元を固めていては、ストップアンドゴーが多くてあまりにも不便だ。そんな折、たまたま通りがかったレンタサイクルのお店で空気入れをお借りしたのだが、めっちゃ親切で、かつメンテの行き届いたバイクがずらりと並んでいた。小径車のEバイクもある。しかも1日2800円から借りられる。 というわけで借りてみることにした。 国際通りにある、「イーチャリティ」というお店だ。https://e-charity.jp/pages/naha#cont4 あとから調べてみたら、このお店、中古の電動自転車を手広く販売していて、スタッフさ […]

Read More