# Okinawa

ウチナーンチュライダー 長濱良起が案内する
島の中を船で輪行?
沖縄・国道58号サイクリング

「船×自転車」。この組み合わせにグッとくる方、きっといらっしゃいますよね?改めましてこんにちは。沖縄で生まれ育った芯からのウチナーンチュライター・長濱良起です。このコラムは今回で2回目。沖縄のおすすめコースを紹介しております。 冒頭でも書きました「船」。飛行機や電車だと輪行バッグに入れてどうのこうのと大変ですが、船だったら自転車ごと乗れるのでシームレスな旅体験を楽しめます。 さて、「沖縄から船に乗ってどこ行くの?」っていう話ですよね。本島から県内離島に行くのか。それとも鹿児島航路で悠々と南西諸島をホッピングするのか… 目次 1. 本島から本島へ!2.やんばる路を走る!3.人気の道の駅で「ちんびん」!?4.沖縄名物・紅芋と隠れ名物・牛5.陽も落ちてラストスパート 1、本島から本島へ! 答えは「沖縄本島から沖縄本島」。本島南部の那覇港から本島北部の本部港まで約2時間、ときおり波に揺られながら北上し、それから約80kmの道のりを戻るように走破しようという1日です。 第一マリン交通が運航する「ジンベエ・マリン」*です。朝の便は8時半から。自転車を持ち込んでいる人も僕のほかに数名いました。人気のライドコースです。 最終行き先の本部渡久地港は、沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館がある町です。ジンベエザメがモチーフとなった船の客室はこんな感じです。 那覇港を出て間もなく、船内アナウンスで「進行方向右側にクジラが見えます。お楽しみください」という旨の案内がありました。海が広大すぎて探しても自力で発見できなかったのですが、沖縄近海では冬の時期にクジラを見かけることができ、あるホエールウォッチング業者 […]

Read More

TVプロデューサー・河瀬大作のライドノート
沖縄編 #02
那覇の街をサイクリングするのは、想像以上に楽しいって話。

目次  1. 店長はYouTuber 2. レンタルE-BIKEで沖縄古今ライドへ 3. 定食屋で地元の味を噛み締める 4.祈りの聖地・波上宮を見た 5.那覇観光を凝縮、ぶらぶらポタリング 1. 店長はYouTuber 旅に出ようと思い立った。 どこかの街でのんびりと過ごしたいと最初はシンプルに考えていた。しかし次第に欲望がむくむくと大きくなる。美味しいものをいっぱい食べたいし、東京での生活とのギャップがあったほうがいいし、なにより過ごしやすい場所がいい。 で、選んだのが沖縄の那覇だった。 そしてもうひとつ、大きな欲望があった。 サイクリングだ。 首里城や牧志公設市場、県立博物館などが点在する那覇の街。ずっと歩いて回るのは億劫だし、そのたびにタクシーにのるのはお金がかかりすぎる。自転車があったらなぁと、以前訪れたときに何度も考えた。そこで今回はロードバイクを持って沖縄入りした。初日、足ならしにと市内をポタリングしてみたのだが、那覇の街中を走るにはビンディングシューズでがっちり足元を固めていては、ストップアンドゴーが多くてあまりにも不便だ。そんな折、たまたま通りがかったレンタサイクルのお店で空気入れをお借りしたのだが、めっちゃ親切で、かつメンテの行き届いたバイクがずらりと並んでいた。小径車のEバイクもある。しかも1日2800円から借りられる。 というわけで借りてみることにした。 国際通りにある、「イーチャリティ」というお店だ。https://e-charity.jp/pages/naha#cont4 あとから調べてみたら、このお店、中古の電動自転車を手広く販売していて、スタッフさ […]

Read More

TVプロデューサー・河瀬大作のライドノート
沖縄編 #01
じーっと猫が…サクサク天ぷらが100円…沖縄の小島をロードバイクでめざす旅。

目次  1. 那覇を喰らう 2. 寄り道ロードで平和を考える 3. 猫と天ぷらの島へ 1. 那覇を喰らう 急に日常から離脱したくなるときってありますよね。仕事をするのが嫌なわけじゃないんだけど、環境を変えたいっていうか。そんな時は自転車を担いで、どこかにいくのがよい。見知らぬ土地を風をきって走れば、もやもやなんてすっ飛ぶし、あなたの人生をより豊かにしてくれるだろう。 ということで、ある日、ロードバイクとともに那覇へと向かった。 2023年の12月、東京はもうコートが必要な寒さだった。しかし2時間弱のフライトで降り立った那覇の街は、Tシャツに短パンで十分だった。 那覇について、ホテルに荷物を預けると、なにはともあれ腹ごしらえ。 ここは美味いものの集積地だ。まずはおやつがわりに牧志公設市場でソーキそば。一口啜ると思わず、うまい!と声がでる。こんなに滋味あふれるそばが一杯480円。少し甘めでおだしが効いた味に、沖縄にきたことを実感する。その夜は、ジャッキーステーキハウスでテンダロインステーキ。肉が柔らかくって、ぱくぱくと食べられる。どちらのお店も、ほぼ地元の人たちで賑わっていた。沖縄、いいなぁ。サイクリングとは全く関係ないが、これも大切な旅の楽しみだ。 その日は朝から曇り空。しかもぽつぽつと雨がふってきた。午後にはやむようだが、出発が遅くなる分、ロングコースは難しいだろう。 そこで前々から気になっていた、ある場所に行こうと思い立った。 本島の南部、南城市にある小さな島。100メートルほどの橋で渡れて、猫がいっぱいいて、そこの天ぷらは絶品で、大勢の人たちが天ぷら目当てに訪れるという。那 […]

Read More

ウチナーンチュライダー 長濱良起が案内する
冬でも楽しめる! 沖縄・シーサイドサイクリング

はじめましてみなさん。自転車は好きですか?そりゃ、きっと自転車好きな方がGlobal Rideさんの本コラムにたどり着いているのでしょう。それでは「年末なのに気温25度のとっても海がきれいな沖縄」はお好きですか? 今回は沖縄で生まれ育った芯からのウチナーンチュライターである私・長濱が、1年中楽しめる気軽なシーサイドサイクリングをご案内します!地元民も目からウロコな新鮮な旅を、追体験してみませんか。 目次 本日のコースは沖縄本島中部東海岸特別な歴史を感じる街並み・沖縄市コザ沖縄市⇒うるま市 もずくタコスも頂きます世界文化遺産で悠久の時を感じようお待たせしました。海です青にまみれた海中道路いざ浜比嘉へあなただけの沖縄観光を自転車で 本日のコースは沖縄本島中部東海岸 沖縄本島中部の中心都市・沖縄市のコザ地区を起点に東へと進む約24kmのお気軽コースです。ゆっくり景色を楽しみながら、海中道路を通って浜比嘉島という離島まで行きましょう。「海中道路」って名前、素敵ですよね。 特別な歴史を感じる街並み・沖縄市コザ スタート地点は沖縄市コザ。ここゲート通りは、米空軍嘉手納飛行場のゲート2 を中心に成立してきた門前街としての性質から、その名が付いています。週末の夜ともなると通り全体がナイトクラブにでもなったかのように、重低音響く賑やかなエリアです。 本格的に漕ぎ出す前に腹ごしらえ。天ぷらでも食べましょうかね。沖縄の天ぷらは衣が厚く、どちらかというとスナック的な位置づけです。定番のさかな天ぷらを頂きます。 沖縄市⇒うるま市 もずくタコスも頂きます しばらくは都市部でのライドが続きます。 沖縄にいる […]

Read More