眠らない街を3万人のライダーが力走。
Bike New Yorkのコースをハイライトで紹介

2020年5月3日(日)開催のBike New Yorkは、ニューヨーク州にある5つの区(boro)、「マンハッタン」「ブロンクス」「クイーンズ」「ブルックリン」「スタテンアイランド」を自転車でめぐるライドイベント。そのためアメリカ本国では「Five Boro Bike Tour」と呼ばれています。

日本人にはほとんど知られていませんが、3万人以上の参加者が全世界から集まる超巨大な規模のイベント。コースは、40マイル(約64km)。自動車などは交通規制され、のんびりと走るこができます。
本記事ではニューヨークがぎゅっと凝縮した魅力たっぷりのコースをハイライトでご紹介します。

※この記事は2020年2月の記事の再掲載です。


旅の始まりはソーホー(ヒューストンストリートの南側)エリア。3万台以上の自転車が通りを埋め尽くす圧巻の光景!

VIPエントリーの参加者へは朝食のサービス。コーヒーやマフィンなど、ニューヨークらしい朝ごはんを楽しむことができます。

いよいよスタート!
6thアベニューとキャナルストリートの交差点に位置するゲートから走り始めます。

レンガの建物が並ぶオシャレな6番アベニューは、普段タクシーや車が忙しく往来しています。今日だけは排気ガスフリーのリラックスした雰囲気。
奥にはミッドタウンのビル群が。手前にある時計台はジェファーソン・マーケット図書館。

高層ビルが道の両側にそびえてくると、いよいよマンハッタンの中心地にいる実感が増してきます。この1つ先のブロックがブロードウェイと交差するウェスト34thストリート。世界で最も有名なクリスマス映画の一つ『三十四丁目の奇蹟』の舞台となるデパート、メイシーズの所在地です。

ちなみにこの交差点で右を向くと、ニューヨークを代表する超高層ビル、エンパイア・ステート・ビルが目の前に迫ります。1931年に竣工された102階建ての建物は、『アメイジング・スパイダーマン』『キングコング』『めぐり逢えたら』『インデペンデンス・デイ』など名だたる映画に登場。

さらに15ブロックほど進むと、右手にはラジオシティ・ミュージックホールが。1932年、石油王ロックフェラーによって建てられた劇場は、今でも有名アーティストのコンサートやトニー賞の授賞式に使われています。

優美なアール・デコ様式の建築に赤いネオンサインがフォトジェニック!

ウェスト55thストリートと6thアベニューの交差点に差し掛かると右手に見えるのが「LOVE」のモニュメント。
アメリカ人のポップアーティスト、ロバート・インディアナの彫刻『ラブ スカルプチャー』は、ニューヨークの定番写真スポット。

間もなく6thアベニューから緑深いセントラルパークへ差し掛かると、雰囲気がガラッと変わります。
大都市の真ん中にある最大の公園はランニングや散歩コースとしても人気。メトロポリタン美術館やジャクリーン・ケネディ・オナシス貯水池の横を通って公園内を縦断します。

パークを出て北上してゆくと、まもなくハーレムへ。ウェスト135thストリートを東に向かい、3rdアベニュー・ブリッジとマディソンアベニュー・ブリッジを渡ってハーレム・リバーを登り、マンハッタンとクイーンズを結ぶクイーンズボロ・ブリッジへ。

『ホームアローン2』や『ダークナイト』にも使われているこの橋は、1909年に建てられました。網目のような構造が落とす繊細な影がライダー達を迎えます。

橋を降りたらクイーンズランド。ドラマや映画の撮影所「シルヴァーカップ・スタジオ」をぐるっと回って、ブルックリンへ。

レンガの橋が印象的なブルックリン・ブリッジのたもとから、イースト・リバー沿いに南下し高速道路へ。

ブルックリンを見下ろす高速道路からスタテン・アイランドへ渡るヴェラザノ=ナローズ・ブリッジわたってフィニッシュ!

フィニッシュエリアのバッテリー・パークではバンド演奏を聞きながら芝生の上でのんびり。

VIPエントリー参加者向けのエリアではケータリングランチがいただけます。

※オマケ
多くのライダー達はスタテンアイランドの北エリアへさらに自転車を走らせ、マンハッタン島へ戻るフェリーに乗船します。
船から見える自由の女神や、マンハッタンのスカイスクレイパー(摩天楼)がニューヨークの一日のライドを締めくくります。

Bike New Yorkのコースご紹介、いかがだったでしょうか。
まだまだ日本人には馴染みの薄いイベントですが、これほどの規模や濃縮されたコースを持つファンライドイベントは世界でも類を見ません。
この日はニューヨーク自体にとっても「自転車都市」として世界から注目が集まる、年に一度の特別な機会になっています。

たった1日で、ビジネスや観光の世界的な中心地や、最近ますます人気が高まるおしゃれエリアなど、ニューヨークの持つ様々な側面を肌で感じることができる本イベント、2020年のBike New Yorkは5月3日(日)開催。

Bike New York|公式サイト


ルートマップはこちら
※2019年のコースをご紹介しています。コースは変更となる場合があります
※本記事及び動画で紹介に利用している画像は過去数年のイベントから引用しております。

EVENT
編集Mの、BIKE NEW YORKでゆるっと建築観光ライド

2024年5月5日にNew Yorkで開催された「TD FIVE BOLO BIKE TOUR(通称:BIKE NEW YORK)」に参加しました!当日はあいにくの天気。スタート時の気温は10度、風速20km /h(寒!)、天気はどんよりとした曇り。それでも前日までは降水確率91%という予報で、朝から降らなかっただけマシという感じ。長袖のジャージーを重ねてもたまらない寒さで、レインコートを着用しても震えがくるほど。走ったら身体が温まることを祈りつつ、まずはレンタルバイクをピックアップしにマンハッタンの最南端、Battery Parkへ。日の出前の海風が吹き荒ぶ中、こんな条件の悪さで走っても楽しいのかという思いを抱きつつ、結局は得難い観光体験に心おどった4時間半… 目次 1,This is New York ! な街並み2,The Harlem History3,アートを感じる街、Brooklynへ 1、This is New York ! な街並み 早朝からのどんより気分を吹っ飛ばしたNYの魅力、それは建築群。著名な建築家によってデザインされた迫力ある高層ビルの数々。名を知られぬ設計者によるアパート。それら新旧の建物が至るエリア内で隣り合い、古いレンガ造りにはスタイリッシュな鉄骨の階段が備えられ、街路樹と小さな緑地、グラフィティが街を彩る。もう、これらを眺めるだけでThis is New York ! なムード。というわけで、今回はポタリング感覚でゆるゆる走りながらコース中に見つけたNYの印象的な建築をお届けします。 BIKE NEW YORKではこの日だけコース内の車道が自転 […]

#Japan #Art
EVENT
「マンハッタンブリッジを封鎖せよ!?」
ニューヨーク5島を独占疾走レポート!
FIVE BORO BIKE TOUR 2024 🇺🇸

非日常体験。マンハッタンを駆け抜ける 毎年5月にニューヨークで開催されている『FIVE BORO BIKE TOUR』通称、バイクニューヨーク。世界中の自転車好きが集まる北半球最大のイベント、およそ3万人が口角を緩めて、集まっていた。もちろん私もそのうちの一人。 みんなどんな自転車に乗るんだろう〜!どんな光景が観れるのだろう〜!と、当日の朝を迎えた。 5:30 ごろ。薄暗い中、まずは自転車をレンタル。身体に合ったサイズの自転車を選んでくれて、サドルまで調整してもらい、スタートから安心感でいっぱい。自分の自転車を持ってきていなくても、レンタルサイクルでイベントに参加できるなんて! いざスタート地点 マンハッタンのダウンタウン、バッテリーパークへ。信号で天気予報をチェック。昨夜確認したときは一日中雨の予報だったのだけど、午前中は持ちそうとのこと。やったー!でも、今日はすごく寒い・・・。でもそんなことはスタートのセレモニーが始まったらすっかり頭の中から飛んでいった。大都会を封鎖し、およそ3万人の、、、つまり、3万台の自転車が走る。言葉を選ばずいうと、「意味がわからない!」。私にとってはとんでもないこと。ましてやここはニューヨーク。夢や映画の世界でだけ存在していると思っていたような場所。この街、本当にあるんだ、、そしてここで自転車に乗る!しかも、3万人もの人たちと(これがまさに夢なのか?)それくらい、私にとっては非日常的な体験だった。(きっと私だけじゃないはず) 昨夜大混雑だった道が自転車専用道に! 7:30 スタートに合わせて、少し前からスタートセレモニーが始まる。参加者の声の盛り上 […]

#New York
EVENT
FIVE BORO BIKE TOUR 2024
PHOTO ALUBUM
Bike New York 🇺🇸

日本のGW真っ只中。今年もニューヨークの街中を駆け巡る「FIVE BORO BIKE TOUR 2024」(通称:Bike New York)が開催されました。晴天に恵まれた2023年度とはうってかわって、気温は10℃前後、早朝マンハッタンの最南端バッテーリーパーク付近のバイクレンタルエリアは海風が強く体感温度はもっと低かったように感じました。それでも午前7時30分、スタート地点に並んだ3万人のライダーの熱気が寒さを吹き飛ばしました。 BIKE NEW YORK 20245 May 2023/64km 目次 1. パケットピックアップ2. スタート地点3. ニューヨーク5つの島を巡るファンライド4. ゴール、そしてマンハッタンへ 1. パケットピックアップ 2. スタート地点 3. ニューヨーク5つの島を巡るファンライド 4. ゴール、そしてマンハッタンへ

#Photo Album