ポートダグラス・グランフォンド100km大会レポート
絶景の楽園ライドは、それだけでは終わらない(前編)

ポートダグラス(オーストラリア/クイーンズランド州)にて2022年に初めて開催された「ポートダグラス・グランフォンド・フェスティバル」。
メインとなるロングライドイベント「ポートダグラス・グランフォンド」の100kmコースに参加してきました。世界遺産の熱帯雨林と珊瑚礁の海を駆け抜けた、絶景の楽園ライドのレポート(前編)をお届けします。

後編はこちら

目次



オーストラリアのwithコロナのイベント開催状況

2022年9月に開催された本大会は、ほぼコロナ禍前と変わらない体制で行われました。大会前日・当日の検温やワクチン接種証明も特になく、本番もノーマスクで走行OK。青空の下、新鮮な空気を思い切り吸いながら存分に楽しめる大会となりました。

オーストラリアは2020年〜2021年にコロナウイルス感染症対策による厳しいロックダウン政策を各地で断続的に行い、州間での移動禁止・国境閉鎖政策を取りました。この間は各種自転車イベントも中止されましたが、2022年1月には国境も開き、再び日本からの入国も可能となりました。2022年3月以降、日常生活においてマスクの着用義務もなく、各種文化・スポーツイベントもほぼコロナ前と同様に開催されています。

ケアンズへのアクセス

ポートダグラス・グランフォンドへの旅の玄関口はクイーンズランド州ケアンズです。
日本からケアンズへは東京・関西の両方面からジェットスターを中心に7時間半程度の直行便があります。

ジェットスター航空

成田空港、関西国際空港からケアンズへの直行便が発着。航空券とホテルがセットになったお得なダイナミックパッケージや、ジェットスター担当者が厳選したパッケージツアーもあります。

▼ジェットスター航空 『飛べ飛べオーストラリア!』キャンペーンサイト

https://www.jetstar.com/jp/ja/fly-australia

ヴァージン・オーストラリア

2023年6月28日から、毎日1便・週7便、東京羽田〜ケアンズ間の運航が予定されています。

運行予定:
VA78便: 羽田(21時45分)発~ケアンズ(翌06時15分)着、毎日1便
VA77便: ケアンズ(13時15分)発~羽田(20時00分)着、毎日1便

「金曜の仕事後にそのまま空港へ直行し、夜便に乗って翌朝はケアンズ!」なんて弾丸の週末プランも可能に。東京からケアンズがグッと身近になりますね。

クイーンズランド州は日本との時差が「日本時間+1時間」と少ないため、時差ボケに悩むこともほぼなし。短い滞在期間でもすぐに体を慣らせ、スポーツをするにはピッタリです。

ポートダグラスグランフォンドフェスティバル 大会概要

2022年開催実績

・2022年9月9日(金)〜11日(日)
・メインイベント「ポートダグラス・グランフォンド」は9月11日(日)開催
 ※3コース(48km・100km・138km)より選択可 (参加人数実績:906名)
・100kmコースはポートダグラスをスタートし、50km地点のパームコーブで折り返し

2023年開催予定

・2023年9月8日(金)〜10日(日)
・メインイベント「ポートダグラス・グランフォンド」は9月10日(日)開催予定
 ※コースの選択肢が4種類に変更予定(48km・60km・100km・136km)

盛りだくさんの大会前日イベント

大会のメイン会場はポートダグラスのクリスタルブルック・スーパーヨット・マリーナ。ケアンズ中心部から北へ約66kmの地点にあります。

ウッドデッキからはたくさんのヨットが望め、会場にはリゾート感が溢れています。

マリーナ内の大会本部でチェックイン。バイクタグやヘルメット用のステッカーを受け取ります。普段は紙の封筒に入れて渡されることの多いオーストラリアの自転車大会ですが、本大会のバイクキットは大会ロゴ入りの布製ナップザック入り。これだけでも十分に素敵なお土産ですね!

本部でのチェックイン以外にも、一日を通して前日イベントが多数開催されます。

マリーナのウッドデッキでは「サイクルエキスポ」が開催中。マーキー(テント)で大会公式ジャージやボトルなどのグッズ購入はもちろん、大会に備えタイヤや補給食などの買い足しも可能です。

「ケアンズポスト・クリテリウム」、「ヘミングウェイ・ブリューワリー・スプリント」などの市民レースも開催。健脚なローカルライダーたちの接戦に、応援する側も併設されたブリューワリーのクラフトビールを片手に大いに盛り上がりました。

キッズも参加できる1周2kmのファンライド「チューチューズ・フリーファミリーライド」では家族総出の仮装も多数見られ、和やかな雰囲気に。

他にもBMXのエキジビションが行われるなど、翌日の大会参加ライダーはもちろん、同伴家族も含め、乗る人も乗らない人も皆が楽しめるようになっています。

2023年大会では前日イベントとして新しくMTBレース(40km)も開催予定。いっそう盛り上がりそうです。

大会当日レポート

日の出前の朝6時半にスタート

大会はポートダグラスのメイン会場から朝6時半にスタート。走行距離ごとの集団に別れ、順次出発していきます。 ファンライドイベントにしては早朝のスタートに思われるかもしれませんが、オーストラリアのサイクリストたちの朝はとにかく早いのです。

普段から朝5時〜6時台に集合して30kmほどのグループライドを行い、カフェでコーヒーを飲んだら出勤あるいは週末なら家族との時間を過ごす、というのが彼らのスタイル。6時半スタートは普段通りなんですね。

地元のオートバイグループによる大会サポート

自転車イベントは多くのボランティアスタッフのサポート無くしては成り立ちません。エイドステーションや分岐点などのスタッフはもちろん、特にケアンズらしいのは地元のオートバイグループ、その名も「コーラル・コースト・ライダーズ」による先導サポートです。

普段はオートバイでグレートバリアリーフの走行を楽しんでいる彼らですが、トライアスロンの大会や自転車イベントの際はこうしてボランティアとして出動するそうです。沿道でも常に笑顔で頼もしくサポートしてくれました。

2つの世界遺産を通る絶景のコース

このイベントコースの最大の魅力はケアンズの2大世界遺産「グレートバリアリーフ」と「クイーンズランドの湿潤熱帯地域 」(世界最古の熱帯雨林)を走れるということ。それもなんと、大会参加者のためだけに道路を封鎖するのでまさにサイクリストにとってはパラダイス!

ジャングルのような熱帯雨林の小道、広大なサトウキビ畑、椰子の木が立ち並ぶ海岸沿いといった絶景の連続。世界遺産の中、自転車で風を切りながら走る爽快感は、なかなか他の大会では味わえない贅沢な体験です。

ケアンズの大自然を体感できるエイドステーション

100kmコースのエイドステーションは全部で4カ所(31km・51km・70km・81km)。 日本のイベントではエイドステーションごとに「ご当地グルメ」の提供が主流になりつつありますが、オーストラリアのエイドステーションはとてもシンプル。水や補給ジェル、市販のグミやクッキー、バナナがほとんどです。

グルメを期待して行くと拍子抜けしてしまうかもしれませんが、オーストラリアでは「走ること」そのものに主眼を置いているからなのでしょう。

エイドステーションが置かれた地点はどこも絶景スポットばかり。
31km地点の「レックス・ルックアウト」はグレート・バリア・リーフの海を一望できる高台の展望スポット。

100kmコースの折り返し地点のパームコーブでは、ゲートを抜けた先に、マクドナルドとライフセービングクラブのコラボによるバーガー(有料)の提供もありました。ライフセーバーたちが海でトレーニングする様子を眺めながらバーガー片手にビーチで一息着く。日本のライドではなかなか味わえない光景です。

終盤81km地点のエイドステーション「タラ・ビーチ・ネイチャー・リザーブ」には椰子の木がズラッと並び、熱帯性エリアらしい一枚を記念撮影できます。

また、エイドステーションには無料のメカニックもあります。急なメカトラブルがあっても対応してくれるので安心ですね。

後編はこちら

Ayaka(編集者・ライター)

オーストラリア/クイーンズランド州ブリスベン 在住。
2011年、社会人になると同時に始めた自転車で「自転車×旅」の魅力にハマる。
世界各地での自転車旅のレポートを雑誌『Cycle Sports』に寄稿。2017年には自転車ツーリズム探究のためオーストラリアへ留学。『Cycle Sports.jp』にて連載「G’day, Australia! 〜ブリスベンからの自転車だより」を1年間執筆。帰国後は英教材編集者の傍ら自転車NPOでイベント通訳やMCも担当。2022年4月ブリスベンへ移住。自転車旅Webサイト『TABIRIN』、ライブ配信番組『Ayakaの見えるラジオfromオーストラリア』(おむすびチャンネル)でオーストラリアの自転車情報や文化を発信中。
座右の銘は「好きにまみれろ、夢中で生きろ」

Twitter https://twitter.com/aya_p_BNE (ユーザーネーム aya_p @aya_p_BNE)
Instagram https://www.instagram.com/aya_p_14/ 
ブログ http://gdaybabyccino-ayaka.com/
おむすびチャンネル  Ayakaの見えるラジオfromオーストラリア
https://note.com/omusubi_fjc/n/nd7e6d27c81f1

CULTURE
CYCLE MUSIC⑨
Dominic Miller
「Bicycle」

毎回ちょっとした自転車と音楽にまつわるエッセイを綴っているマンスリー・コラム「CYCLE MUSIC」。今回は名ギタリストDominic Millerによる、その名も「Bicycle」という曲を紹介しましょう。 アメリカ人の父とアイルランド人の母のもとアルゼンチンで生まれ、長らくロンドンを拠点に活躍して、今は南フランスに住んでいるというDominic Millerは、「偉大で穏やかなストーリーテラー」などと多くのメディアで絶賛されてきましたが、何と言っても輝かしいStingの右腕としてのキャリアで名高いですね。Stingは彼のことを「色彩豊かな音の建築家」と称賛し、やはり共演歴のあるPaul Simonはその詩情がこぼれ落ちるようなギター・プレイを「ジャズとイングリッシュ・フォークの香りがする美しい音色」と讃えている、テクニカルかつメロディアスなセンスの持ち主です。 現在は“静寂の次に美しい音”を標榜するドイツの名門ジャズ・レーベルECMから自身名義のリーダー・アルバムをリリースしていて、この「Bicycle」はECMでの2作目として2019年に発表された『Absinthe』に収録されています。そう、“アブサン”という薬草系の強いリキュールのように甘く危険で美しい、彼が魅了された20世紀フランスの印象派アーティストたちへのオマージュとなっている作品集で、僕はこのアルバムのリリースに合わせて丸の内COTTON CLUBで行われた来日公演も観に行きました。 瑞々しいギターのリフレインに、ノスタルジックな哀愁を帯びたバンドネオンや、タイトで空間性に富んだドラミングも印象的な「Bicy […]

#Music
TRIP&TRAVEL
海外サイクリング事情2021
サイクリングコース「パールハーバー・バイクパス」編

アメリカ・ハワイ「ダニエル・K・イノウエ国際空港」の北側エリア、アイエアから、パールハーバー・バイクパスを走ってエワ・ヴィレッジ、カポレイ、コオリナに向かう片道14マイル(23km、往復47km)のライド。 日本人が身近に感じる海外「ハワイ」から、ワイキキライド、カカアコライドに続き、ロコ(地元)ライダーのRodさんによる、観光客が知らない人気サイクリングコース「パールハーバー・バイクパス」を紹介します。

#Ewa #Loco
TRIP&TRAVEL
地元ライダー・ノリコが案内する
北海道グルメロードto屈斜路湖

こんにちは! 北海道、オホーツク地方の地元ライダー・ノリコです。流氷も去り、雪どけも進み、いよいよ自転車シーズンが始まります!今回は、シーズン最初なので車でワープしながら自然の息吹を感じるコースをお届けしたいと思います。 ではさっそく、女満別空港からスタート! 気候の良いこれからの季節は緩やかに伸びる道、大自然の北海道を気持ちよく走ることができます。道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」、「メルヘンの丘」というビューポイントを通り、まずは呼人(よびと/網走市)にある「ジェラテリアRimo」を目指します。 ジェラートの本場イタリアの国際コンテストで日本人として唯一、2冠を達成しているマエストロがいるお店です。 これからの季節にはほかにもたくさんの味が登場します。 あっさり目で美味しいショコラータ、ミルク感たっぷりで後味がさっぱりとした桜のかすかな風味が特徴的。ふんわりと柔らかな食感、少々小ぶりなサイズということもあり、あっという間に食べ終えました。 糖分を補給したら次の目的地の天都山に向かって山の方に走ります。 左手に網走湖が見えて眺めのよい緩やかな坂です。交通量も少なく走りやすいのですが、頂上まで上り続けるためそれなりにキツイです。その分、上り切った時の景色は素晴らしい! 自転車の時期到来としましたが、オホーツク海側の常呂ではファットバイクを使って「流氷ライド」を楽しむことができます。また、「流氷明けの毛ガニ」といわれ流氷が運んできたプランクトンなどの栄養分をたっぷりとった大変美味しい「毛ガニ」もあります。そして、その本物の「流氷」がここ流氷館に展示されています。毎年、3月中旬に流氷 […]

#Noriko #IouZan