ツアー・オブ・ジャパン大会ディレクター
栗村修さんによる
メレ・オブ・バイシクリング参加レポート

国内最大規模の国際自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」の大会ディレクターを務める栗村さんが「Mele of Bicycling(メレ・オブ・バイシクリング)」に参加してくれました!栗村さんの参加レポートをお届けします。
※現在イベントは終了しています。
※この記事は2021年5月の記事の再掲載です。

栗村修さん参加レポート

グローバルライドイベントさんが企画・運営する新しい形のオンラインイベント「Mele of Bicycling(メレ・オブ・バイシクリング)」に参加いたしました!

こちらのオンラインライドイベント、毎年4月にハワイ・オアフ島のノースショアを走るリアルライドイベントの「ハレイワ・メトリック・センチュリーライド」がコロナ禍の影響で開催中止となったため、新たに形を変えての開催となった新様式のオンラインライドイベントなのです。

日本にいながらハワイを満喫できるということで、早速「Mele of Bicycling(メレ・オブ・バイシクリング)」の公式サイトを熟読してみました。

なるほど、これは新しい!普段自分が走っているエリア周辺のハワイを探し、走行ログと写真を送るだけで、オリジナルグッズがもらえるという、コロナ禍にはピッタリのシステムとなっています

ということで、早速チャレンジしてみました。

今回私が選択したのは「ハーフメトリックセンチュリー(50km)」コース。

他にも、100km/200km/500kmと走りごたえのある距離を選択可能ですが、ツアー・オブ・ジャパン前ということもあるので、半日で走破できるコンパクトな距離を選んでみました。

そしてまずは地元周辺の「ハワイ」を検索!その結果、以下の3箇所の「ハワイ」に辿り着きました。

【1箇所目】コナズ珈琲

https://stores.konas-coffee.com/111214

【2箇所目】Oluolu Aina

https://oluolu-aina.com/

【3箇所目】Holo Holo Cafe

http://holoholocafe.com/

ということで、3箇所の「ハワイ」を巡りつつ50kmを走破してみましたので、簡単にレポートいたします!

「スタート地点はコナズ珈琲。いつも何気なく通り過ぎていた場所ですが、改めて足を止めて写真を撮ってみると、そこは完全にハワイです!」

「2番目のハワイへ向かう途中には五輪ロードレースコースをライド」

「ハワイ語で“心地よい食卓”という意味のOluolu Ainaに到着。後光が差す良い感じの写真が撮れて、もう気分はハワイ!」

「いつもの多摩川の空がなぜかハワイの空に!(笑)」

「最終目的地はハワイの田舎にあるようなリノベーションカフェのHolo Holo Cafe」

「再びコナズ珈琲へ戻ってきてピッタリ50kmを走破しました!」

今回こちらのオンラインライドイベントに参加してみて気付いたことは、改めて「ハワイ」という意識づけをして走ってみると、いつも走っているコースがなんとなくハワイに変化してしまうという不思議な感覚でした。

コロナ禍でまだまだ大変な時間が続いていますが、工夫次第でいろいろな楽しみ方がありますので、是非皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

栗村修さんのライドコースはこちら

EVENT
ポートダグラス・グランフォンド100km大会レポート
絶景の楽園ライドは、それだけでは終わらない(後編)

ポートダグラス(オーストラリア/クイーンズランド州)にて2022年に初めて開催された「ポートダグラス・グランフォンド・フェスティバル」。 メインとなるロングライドイベント「ポートダグラス・グランフォンド」の100kmコースに参加してきました。世界遺産の熱帯雨林と珊瑚礁の海を駆け抜けた、絶景の楽園ライドの様子をレポートします。

#Cairns
EVENT
ポートダグラス・グランフォンド100km大会レポート
絶景の楽園ライドは、それだけでは終わらない(前編)

ポートダグラス(オーストラリア/クイーンズランド州)にて2022年に初めて開催された「ポートダグラス・グランフォンド・フェスティバル」。メインとなるロングライドイベント「ポートダグラス・グランフォンド」の100kmコースに参加してきました。世界遺産の熱帯雨林と珊瑚礁の海を駆け抜けた、絶景の楽園ライドのレポート(前編)をお届けします。 後編はこちら 目次 オーストラリアのwithコロナのイベント開催状況 2022年9月に開催された本大会は、ほぼコロナ禍前と変わらない体制で行われました。大会前日・当日の検温やワクチン接種証明も特になく、本番もノーマスクで走行OK。青空の下、新鮮な空気を思い切り吸いながら存分に楽しめる大会となりました。 オーストラリアは2020年〜2021年にコロナウイルス感染症対策による厳しいロックダウン政策を各地で断続的に行い、州間での移動禁止・国境閉鎖政策を取りました。この間は各種自転車イベントも中止されましたが、2022年1月には国境も開き、再び日本からの入国も可能となりました。2022年3月以降、日常生活においてマスクの着用義務もなく、各種文化・スポーツイベントもほぼコロナ前と同様に開催されています。 ケアンズへのアクセス ポートダグラス・グランフォンドへの旅の玄関口はクイーンズランド州ケアンズです。日本からケアンズへは東京・関西の両方面からジェットスターを中心に7時間半程度の直行便があります。 ジェットスター航空 成田空港、関西国際空港からケアンズへの直行便が発着。航空券とホテルがセットになったお得なダイナミックパッケージや、ジェットスター担当者が厳選し […]

#Australia