Tour de Natural Wine
#02 Dard et Ribo “Crozes Hermitage Blanc 2019”
-ブドウ畑をマウンテンバイクで巡る-

実は自転車と縁があるナチュラルワイン。連載の2回目は東北・仙台市で20年ほど前からナチュラルワインを追求し続けてこられたセラーワーカー兼「LoveSong by BATONS」店主の板垣卓也さんよりお届けします。

ルネジャン宅でのランチ後

ナチュラルワインに出会って20年。フランスを中心にたくさんの造り手を訪問してきました。
私の初回コラムということで、とても印象に残っている訪問先での自転車エピソードと共にワインをご紹介したいと思います。

2011年。収穫のピークも過ぎたタイミングでギリギリ訪問をOKされたのはフランス ローヌ地方の 「ダール エ リボ(Dard et Ribo)」。フランソワ・リボ(Francios Ribo)とルネジャン・ダール(Rene Jean Dard)の2人が担うワイナリーです。日本語しか話せない私が、一人での訪問。不安もありましたがここを訪れるのは3度目でしたし、「日本人のスタジエ(stagiaire)*1もいるよ」とルネジャンから連絡も来ていたので迷いなく訪問させていただきました。

到着後、大きな樽の中に人が入り葡萄を足で潰すピジャージュ(pigeage)*2という作業を手伝いました。そして作業後、ランチまで時間があるからと、フランソワの家に連れて行かれ「はい、これ」とマウンテンバイクを渡されたのです。

「????」

「ランチまでに戻って来いよ」

せっかくだからワイナリーがあるタンエルミタージュ(Tain-l’Hermitage)を探索して来いと。
ピジャージュで足の疲れが…な状態でしたが、スタジエに来ていた方と2人で約二時間のツーリングへ。

ダール エ リボ(Dard et Ribo)のワイナリー

もちろん街へは行かずに葡萄畑が見られるエルミタージュ(Hermitage)の丘へ。今まで(現在もですが)車での訪問が多く、一日二軒、多い時で三軒のワイナリー訪問をする私にとっては、ゆっくりと畑を見て周れることなどなかなかない貴重な時間です。ローヌ川と並行してバイクを走らせ、ちょっとキツかったけどエルミタージュの丘へ。エルミタージュ独特の急斜面の葡萄畑とローヌ川を見下ろす絶景の場所です。帰り道はちょっと冒険し過ぎて道なき道へ迷い込んでしまい…バイクを担いで丘を降りるということになってしまいましたが。

エルミタージュ(Hermitage)の丘

それ以来、ゆっくりバイクで葡萄畑を見て周るなんてことはできていないのですが。もし時間があってワイナリーの近くに連泊できる旅ができたら、やっぱりあの時のようにバイクでツーリングなんて最高だよなぁ。誰かにお店を任せて旅に出たい衝動と妄想ばかりが膨らみます。

そんな貴重な体験をさせてくれた「ダール エ リボ」のルネジャンとは今でも仲良くさせてもらっています。フランスに行ったら家に泊めてもらったり。先日の来日時には、一緒に京都旅行をしてきました。

ルネジャンとパートナー

初めて彼のワインを飲んだのが2004年。正直、個性的過ぎて…「なんなの?このワイン。この味わい。この匂い。」なんて驚きの連続だったのを覚えています。当時はワインを「とにかく還元」することで酸化防止剤の添加を少なくさせる醸造が主流でした。還元状態のワインは温泉卵や硫黄のような香りが強くて(ビオ香なんて言われていた頃も)なかなかお客様に受け入れてもらうのが難しいワインでした(もちろん提供する私たちの知識と技術のなさもあったのですが)。まぁそのワインが20年の熟成を経てスーパー美味しいワインに変化してしまうのです(その頃はこんな風に変化していくなんて思ってもみませんでしたけど)。

ナチュラルワインの世界ではレジェンド生産者となっている2人。近年では醸造環境や醸造方法も変化し、リリースしたてから(もちろん寝かせたらすごいんですが)美味しいワインを提供してくれています。

*1 スタジエ(stagiaire)_フランス語で「研修者」「実習生」

*2 ピジャージュ(pigeage)_液面に浮かび上がってくる果皮などの固形成分=「果帽」を押し入れる作業

本日のナチュラルワイン

Dard et Ribo Crozes Hermitage  Blanc 2019
ダール エ リボ クローズ エルミタージュ ブラン 2019
香りは非常に華やかで、洋梨、アプリコット、黄桃の濃厚なそれに加え、シトラスやグレープフルーツの爽快さも感じられます。徐々にカモミールやアカシアのハチミツっぽいちょっとしたスパイスやネットリとした香りが膨らみ、繊細な樽のニュアンスが加わることでより複雑さが増していきます。宝石のようなキラキラした味わいで、強いが柔らかくトロピカルな果実感と高すぎない酸が全体を優しく包み込んでいます。熟成により、妖艶なニュアンスも感じられるようになっており、単純でパワフルな味わいとは違った柔らかさを感じられます。

【内容量 Net】750ml
【産地 vineyard】フランス France>ローヌ Rhone>クローズ エルミタージュ Crozes Hermitage
【品種 variety】ルーサンヌ Roussanne
【タイプ type】白 Blanc

Dard et Ribo Crozes Hermitage Rouge 2019
ダール エ リボ クローズ エルミタージュ ルージュ 2019
ダール エ リボのスタンダードワイン。黒や紫系の果実の風味がいきいきと感じられ、スミレのような華やかな香りがグラスいっぱいに広がります。しっかりと凝縮した果実味としなやかな飲み心地のバランスが秀逸で、シラーが女性的な品種であるという造り手自身の言葉を体現した味わい。

*フランス語で葡萄品種のシラーは男性名詞。でも「ダール エ リボ」のルネジャンは女性的な葡萄だといいます。若い頃はしなやかだけど、時間が経って(年齢を重ね)力強さが出てくるから、と。

【内容量 Net】750ml
【産地 vineyard】フランス France>ローヌ Rhone>クローズ エルミタージュ Crozes Hermitage
【品種 variety】ルーサンヌ Roussanne
【タイプ type】赤 Rouge

Profile

板垣卓也/Takuya Itagaki
宮城県・仙台市内に構えるワインショップ「LoveSong by BATONS」店主。20年前にナチュラルワインに出会い、魅了され、現在はキュイジニエ(料理人)からキャヴィスト(セラーワーカー)に。2002年から仙台にてビストロ数店をオープンし、東北エリアでいち早くナチュラルワインを取り扱う。2015年、ナチュラルワインの専門店「BATONS」をオープン。2023年に業務店向けの専門店へ転向し、新たにアパレル店と空間を共にする一般小売ワインショップ「LoveSong by BATONS」をオープンする。東日本大震災後、山形のタケダワイナリーと協業し東北6県の葡萄を集めて混醸したオリジナルワイン「ヴァンドミチノク Vin de MICHINOKU」を商品化したプロジェクトの発起人でもある。有限会社MaCuisine代表/業務店卸売ワインショップ「BATONS」店主/「満月ワインバー仙台」店主

CULTURE
CYCLE MUSIC⑨
Dominic Miller
「Bicycle」

毎回ちょっとした自転車と音楽にまつわるエッセイを綴っているマンスリー・コラム「CYCLE MUSIC」。今回は名ギタリストDominic Millerによる、その名も「Bicycle」という曲を紹介しましょう。 アメリカ人の父とアイルランド人の母のもとアルゼンチンで生まれ、長らくロンドンを拠点に活躍して、今は南フランスに住んでいるというDominic Millerは、「偉大で穏やかなストーリーテラー」などと多くのメディアで絶賛されてきましたが、何と言っても輝かしいStingの右腕としてのキャリアで名高いですね。Stingは彼のことを「色彩豊かな音の建築家」と称賛し、やはり共演歴のあるPaul Simonはその詩情がこぼれ落ちるようなギター・プレイを「ジャズとイングリッシュ・フォークの香りがする美しい音色」と讃えている、テクニカルかつメロディアスなセンスの持ち主です。 現在は“静寂の次に美しい音”を標榜するドイツの名門ジャズ・レーベルECMから自身名義のリーダー・アルバムをリリースしていて、この「Bicycle」はECMでの2作目として2019年に発表された『Absinthe』に収録されています。そう、“アブサン”という薬草系の強いリキュールのように甘く危険で美しい、彼が魅了された20世紀フランスの印象派アーティストたちへのオマージュとなっている作品集で、僕はこのアルバムのリリースに合わせて丸の内COTTON CLUBで行われた来日公演も観に行きました。 瑞々しいギターのリフレインに、ノスタルジックな哀愁を帯びたバンドネオンや、タイトで空間性に富んだドラミングも印象的な「Bicy […]

#Column #Music
CULTURE
CYCLE CINEMA②
『プロジェクトA』 至極の自転車チェイスに浸る

90年代初頭の中国は、今の中国の風景とまるで違った。朝夕には「中国名物」と言われた自転車ラッシュアワーを見ることができた。当時は多くの人々が通勤に自転車を利用していた。数千の人々が同じ道を走る様子は圧巻だった。しかも、ほぼ同じ車種で色も同じだったため、ある種の調和があった。『鳳凰』と『永久』という上海のブランドが人気だったように思う。生活を支える交通手段だったので、タフで重厚感のある自転車だった。

#Column #Cinema
CULTURE
輪行プロフェッショナルがお届けする
輪行ガイド(海外編)

こんにちは、自転車関連のガジェットとツーリング記など掲載しているブログ「自転車旅行研究会」主催の温玉ねぎとろと申します。本業の傍ら、webサイト上で自転車ツーリングについての記録や考察を行っています。これまで10カ国以上で海外ライド旅行を行い、国内旅行も含めて自力での輪行経験は多数。今回は夏休みを目前に、海外の自転車イベントへ参加する際に避けては通れない、飛行機での輪行(飛行機輪行)の方法について、簡単にご紹介したいと思います。 目次 1 飛行機のチケットを予約する前に2 航空会社の対自転車規定を知る3 注意が必要な荷物について 3-1 手荷物、預け入れ荷物両方で不可 3-2 預け入れ荷物が不可 3-3 手荷物が不可で預け入れ荷物のみがOK4 飛行機輪行時の梱包方法 4-1 輪行袋ごとのリスクについて 4-2 自転車用段ボール 4-3 飛行機用輪行袋 4-4 布製輪行袋 4-5 貸出輪行箱 4-6 メリット・デメリットまとめ 4-7 その他:スーツケース5 空港までの運搬方法 5-1 自転車で自走 5-2 自家用車、タクシーなど 5-3 電車 5-4 空港連絡バスなど 5-5 宅急便など6 飛行機輪行お役立ちグッズ7 まとめ 1 飛行機のチケットを予約する前に まず、飛行機のチケットを予約する際には航空会社の自転車に関する規定について確認をしましょう。取り扱いは航空会社ごとに異なる可能性があります。場合により事前に連絡が必要な場合もあります。特に自転車イベントなどで輪行客が多いと予想される際には、前もって航空会社に自転車を持ち込む旨を連絡しましょう。LCCなどでは別途料金を支払 […]

#How to #Goods