TVプロデューサー河瀬大作 Bike New York参戦記!
恋するニューヨーク vol.3
鈴木おさむさんとNYを疾走する…はずだった。

ぼくはバイクニューヨークを走るにあたり、すでにGlobal Ride(以下GR)に記事をアップしているインフルエンサーのカレンちゃん(丸山果恋)を始め、何人かに「一緒にいかないか」と声をかけていた。

鈴木おさむさんもそのひとりだった。

BAYFMのおさむさんのラジオ番組、「シンラジオ ヒューマニスタはかく語き」に月に一度出演させていただいているご縁で、お声がけした。放送作家を辞めるという人生の節目のタイミングがあり、なにか新しいことに挑戦したいのではと思ったからだ。

おさむさんからは、即レスで「いきたいです!」とお返事いただいた。ふだんは自転車にはほとんど乗らないおさむさん。しかし、もともとおさむさんの父親が千葉で「鈴木弥輪店」という自転屋さんをしていたこともあり、なにか”ご縁”のようなものを感じたらしい。しかも、おつれあいの大島みゆきさん、そして息子の「笑福(えふ)くん」も一緒に行くという。

これは面白い旅になる。

準備は着々と進んだ。ニューヨークで自転車に乗るためにヘルメットも一緒に買いにいったし、おさむさんが観たいというミュージカル「BACK TO THE FUTURE」のチケットも予約した。セントラルパークを案内してくれるバイクガイドさんも頼んだ。

そして迎えた出発当日。 

ぼくはブロンプトンを手荷物として預けるために、一足早く空港でチェックインを済ませた。するとまもなくおさむさん一家がやってきた。

「おさむさーん」
「あ、河瀬さん!おはようございます。チェックイン済ませてきますね」

おさむさんたちがチェックインするのを、少し離れたところで待っていたのだが、一向に終わる気配がない。なにかがおかしい。胸騒ぎがしたぼくは、おさむさんのいるカウンターに近づいた。

「どうしました?」
「笑福のエスタが通ってないらしいんですよ」

エスタとは、アメリカの入国に必要な申請のこと。それが降りていないというのだ。出発の3日前には、おさむさんはエスタを申請していた。おさむさんと大島さんの分はすぐに取得できたのだが、その時も笑福くんのエスタ申請のときにクレジットカードが一発で通らなかった。カードを変えたら一応支払いに進むことができた。しばらくすれば申請は降りるはずだった。しかしなぜか申請は降りていなかった。

早ければ1時間もすれば申請がおりると、JALのスタッフが数名がかりで対応してくれているが、なかなか思うようには進まない。

「河瀬さん、ここで待ってもらうのは悪いんで、先に出国していてください。追っかけますから」

気がかりではあるが、いてもなんの助けにもならない。娘とふたりで先に保安検査をぬけて、ラウンジにいって一休みをすることにした。JALのスタッフが全力でサポートしてくれているわけだし、またすぐに会えるだろう、とたかを括っていた。

しかし、そうはいかなかった。

別れて30分後、おさむさんからLINEスタンプがきた。

ゴリラのようなコワモテのキャラクターが手をバツにクロスさせている。

ドキッとした。
え、ダメなのか。
そんなこと起きうるのか。

すぐにおさむさんに電話をする。するとやはり時間切れだという。そしておさむさんはここで驚くべき決断をする

「河瀬さん、JALの人たちが全力でやってくれたけれどダメでした。放送作家を辞めて初めてのゴールデンウィーク、ぼくだけニューヨークにいくわけにはいかないので、一緒にいけないのは申し訳ないですが、行き先を変更します」

「え?」

「石垣島行きのチケットとホテルが取れたので、今から石垣島にいきます」

その行動力にさすが日本一の放送作家だと納得する一方で、申し訳ない気持ちで胸がいっぱいになった。

そんなぼくの気持ちを察してか、おさむさんは言葉を続けた。

「河瀬さん大丈夫です。たぶん今はタイミングじゃないってことなんで。ニューヨークから石垣に行き先が変更になったこと、大島さん爆笑してます」

だんだんとぼくも状況を受け入れられるようになってきた。おさむさんがこういっているんだからぼくともブロンプトンとのニューヨークを心の底から楽しもう。

それにしても出発当日の羽田空港で、トラブルに見舞われたにも関わらず、すぐに頭を切り替え、ゴールデンウィークの最中にもかかわらずホテルを見つけ出し、飛行機もその場で抑えるなんて。その胆力、さすが日本一の放送作家だ。

そんなわけで、おさむさん一家はニューヨークではなく石垣島に向かうことになった。そして、その十数時間後、ぼくはニューヨークに降り立った。
おさむさんからのバトンがわりに、このために作った「鈴木弥輪店」のステッカーもちゃんともってきた。

ついに明日からの3日間、あの憧れのニューヨークを、愛しのブロンプトンとともにマンハッタンを薔薇色に染め上げるのだ。


次回に続く。

Text & Photo_Daisaku Kawase

🚲関連記事

⚫︎TVプロデューサー河瀬大作 Bike New York参戦記!恋するニューヨーク vol.1

⚫︎TVプロデューサー河瀬大作 Bike New York参戦記!恋するニューヨーク vol.2

⚫︎Circle of Cycling Friends りんとも!河瀬大作

⚫︎TVプロデューサー・河瀬大作のライドノート 沖縄編#01

⚫︎TVプロデューサー・河瀬大作のライドノート 沖縄編#02

⚫︎編集Mの、BIKE NEW YORKでゆるっと建築観光ライド

⚫︎FIVE BORO BIKE TOUR PHOTO ALBUM

⚫︎「マンハッタンブリッジを封鎖せよ!?」 ニューヨーク5島を独占疾走レポート!(前編)

⚫︎「マンハッタンブリッジを封鎖せよ!?」 ニューヨーク5島を独占疾走レポート!(後編)

Profile

河瀬大作/Daisaku Kawase
フリープロデューサー、(株)Days 代表、GlobalRide コミュニケーションディレクター
愛知県生まれ。ロードバイク歴16年、絶景ライド好き。仕事の合間を縫い、自転車担いで全国へ出かける。愛車はトレック。NHKでプロデューサーとして「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」「おやすみ日本 眠いいね」「あさイチ」などを手がけたのち2022年に独立。番組制作の傍ら、行政や企業のプロジェクトのプロデュースを行う。

EVENT
眠らない街を3万人のライダーが力走。
Bike New Yorkのコースをハイライトで紹介

2020年5月3日(日)開催のBike New Yorkは、ニューヨーク州にある5つの区(boro)、「マンハッタン」「ブロンクス」「クイーンズ」「ブルックリン」「スタテンアイランド」を自転車でめぐるライドイベント。そのためアメリカ本国では「Five Boro Bike Tour」と呼ばれています。 日本人にはほとんど知られていませんが、3万人以上の参加者が全世界から集まる超巨大な規模のイベント。コースは、40マイル(約64km)。自動車などは交通規制され、のんびりと走るこができます。 本記事ではニューヨークがぎゅっと凝縮した魅力たっぷりのコースをハイライトでご紹介します。

#Information
CULTURE EVENT
BIKE TALK 2022 「ニューヨーク・BNY編」
ニューヨークにおける自転車事情や、世界中で開催されている数万台規模の参加型ファンライドイベントについて

Global Rideが手掛けるオンライン・トークイベント 「BIKE TALK」 ~ニューヨーク・BNY編~を開催しました。 ゲストには、世界最大のサイクリングイベント「バイクニューヨーク(Five Boro Bike Tour)」を主催するNPO団体「BIKE NEW YORK」のPresident and CEO である”KENNETH J. PODZIBA氏”をゲストにお迎えしました。

#New York #BNY
EVENT
2023 FUNRIDE PHOTO ALBUM
NewYork 🇺🇸
Port Douglas 🇦🇺
Honolulu 🇺🇸

2023年がもうすぐ終わりを迎えます。皆さんはどんな年でしたでしょうか? 今年も世界各地でたくさんのライダーたちがさまざまなロケーションを走ったことでしょう。 この年の締めくくりとして、Global Ride編集部より海外3大会のフォトアルバムをお届けします。ニューヨークの「BIKE NEW YORK」、ポートダグラスの「PORT DOUGLAS GRAN FOND FESTIVAL」、ホノルルの「HONOLULU CENTURY RIDE」です。 編集部が撮影した、オフィシャル写真にはないカットをぜひお楽しみください!

#Photo Album