Circle of Cycling Friends りんとも!
#01 河瀬大作さん

ライドを楽しむ人を繋げます。初回はフリープロデューサーの河瀬大作さん。人生で最も印象的なライドは日本のあの山での光景でした…

目次

 Profile
 1. 愛車を教えてください
 2. お気に入りのサイクリングコースは?
 3. 直近で出場したライドイベントとその感想
 4. 次に参加してみたいライドイベントとその理由
 5. 過去のライド人生における最も印象的な思い出
 6. ライド関係のお気に入りグッズとその理由
 7. あなたにとってライドとは?
 次回ゲストのご紹介

Profile

名前 河瀬大作
職業 フリープロデューサー、(株)Days代表
趣味 サイクリング、ランニング、読書、仕事
自転車歴 17年
SNS Instagram @kawabou
   X(旧twitter) @kawabou

1. 愛車を教えてください

TrekのÉmonda

2. お気に入りのサイクリングコースは?

高尾山を起点に津久井湖、宮ヶ瀬湖、相模湖をぐるっと回る獲得標高1800mくらいあるスパルタンコース。湖が超きれい。山道好きということもあり生涯最も走っているコースです。6時、7時くらいに家を出て最寄駅まで自走、輪行で電車に乗り、高尾山駅で自転車を組み、ゆっくり6時間かけて走ります。最後の大垂水峠で足をつかずに上るのがポイント。帰りは時間があると八王子ラーメンか名物のとろろ蕎麦を食べ、高尾の湯に入りサウナでととのい、電車で帰ってくる。一人で行くことが多いです。

3. 直近で出場したライドイベントとその感想

ホノルルセンチューライド2023。
人生初のハワイ、最高でした!
ハワイのことを、お前なんてどうせチャラいんだろ!と思っていた自分を心から反省したハワイライドです。

4. 次に参加してみたいライドイベントとその理由

BIKE NEW YORK 2024。
世界最大級のライドイベントと知り、俄然と興味が湧きました。マンハッタンの街を封鎖して自転車で走るなんてワクワクします。

5. 過去のライド人生における最も印象的な思い出

生涯最高のライドコースは阿蘇。
別府温泉から由布岳まで、初めはずっと上り。めちゃきつくはないけれどそのうちスッと尾根に上がり少しだけ下ると、突然目の前に超巨大な由布岳がドーン!と出現。魂が震えた。早朝に出発し、そこに至るまでの斜面が暗かったこともあり、とにかくその山が見えた瞬間はドラマチック!あまりのスケールと美しさで写真では全く収まりきらない感動を体験しました。阿蘇を目指して起伏に富むやまなみハイウェイのライド中は地球上にたった一人で走っている感覚になりました。

6. ライド関係のお気に入りグッズとその理由

Raphaのエッセンシャルケース。
パンク処理一式を入れています。後ろのポケットにスッと入るサイズ感もちょうど良いです。

7. あなたにとってライドとは?

冒険。
身体と五感を使って見たことのない景色、会ったことのない人や何かに会えるのがいい。そんな非日常の体験は、自分の立ち位置を明確にさせるような感覚がある。自分が楽しくいるための冒険は人生にとって大事。そしてまた次に向かう。

🚴‍♂️次回ゲストのご紹介

ご職業柄、ジャンルや地域を問わず数多くの方々とお知り合いの河瀬さん。そんなご本人が紹介してくださったお友だちは…

今中大介さん

河瀬大作さんよりご紹介↓
自転車乗りにとってはレジェンドの今中さん。2023年のホノルルセンチュリーライドで出会い、コース中盤で背中を押してもらうレジェンドアシストをしていただいて、もう勝手にマブダチだと思っています笑




次回もどうぞお楽しみに!

🚴‍♂️今までに登場いただいた、りんともの皆さん🚴‍♂️

第1回 河瀬大作さん(フリープロデューサー)
第2回 今中大介さん(日本人初ツールドフランス出場者)
第3回 岩波信二さん(星のや富士 サイクリングガイド、マッサージ師)
第4回 河村健一さん(CYCLING JAPAN創設者、サイクリングガイド)
第5回 山下晃和さん(モデル兼トラベルライター)

第6回 石垣美帆さん(モデル)
第7回 山口和幸さん(スポーツジャーナリスト)

TRIP&TRAVEL CULTURE
下町自転車散歩 #02
江戸・下町のレジェンド 北斎の名残をさがして(その1)

1856年。フランスの若き版画家ブラックモンは知人のコレクションの陶磁器を見せてもらう。陶磁器は当時海外との国交を禁じていた日本から輸入されたもので、おそらく西欧では希少なものであっただろう。しかし彼の目を惹きつけて離さなかったのは器ではなく、その包装紙だった。それは、葛飾北斎の『北斎漫画』の1ページ。絵に感銘を受けたブラックモンは、その後苦労して入手した『北斎漫画』をパリの画家仲間たちに広め、やがて北斎はフランスからヨーロッパで広く知られるようになる。 …という話は残念ながら創作といわれていますが、北斎が当時のヨーロッパ、とりわけクロード・モネやフィンセント・ファン・ゴッホといった若き印象派の画家たちに強い衝撃を与えたことは広く知られています。 海外では「The Great Wave」と呼ばれる富嶽三十六景の「神奈川沖浪裏」など、だれもが一度は目にしたことのある北斎の絵。日本が初めて芸術デザインを取り入れた現行のパスポートには富嶽三十六景から16~24作品が掲載され、神奈川沖浪裏は2024年秋からの1000円札の新札の図案となるなど、今や日本を代表する画家である葛飾北斎。そして何より本コラム「下町自転車散歩」的には、彼は生涯町絵師として地元を愛したお江戸下町っ子の大先輩でもあります。 本日は下町っ子の不肖の後輩が、北斎が生まれ暮らした墨田区を中心に、その人生の足跡を自転車で訪ねていきたいと思います。 目次  1. やがて葛飾北斎となる者、川の町に誕生(1歳~) 2. ティーンエイジャー(10歳~) 1、 やがて葛飾北斎となる者、川の町に誕生(1歳~) 誕生江戸と下総の国をつな […]

#Edokko #Sumida
CULTURE EVENT
BIKE TALK 2022 「オーストラリア・クイーンズランド編」
オーストラリア・クイーンズランド州における、サイクリング事情

Global Rideが手掛けるオンライン・トークイベント 「BIKE TALK」 ~オーストラリア・クイーンズランド編~ を開催しました。 ゲストには、クイーンズランド州政府観光局 日本局長のポール・サマーズさんをお迎えし、オーストラリア・クイーンズランド州における、サイクリング事情や、代表的なライドイベントについてお話を伺いました。

#Australia