オンラインイベント
メレ・オブ・バイシクリング参加レポート

ゴールデンウィークは、言わずもがなライドにぴったりのシーズン。緊急事態宣言が発出され、たくさんのイベントが中止を余儀なくされていますが、Global Ride 事務局が運営しているメレ・オブ・バイシクリングは、そんな中でも参加可能なオンラインイベント。

日本中お好きなルートを走ってログを申請すると完走が認められるこのイベントは、「ハワイを感じる」をキーワードに完走すると素敵な参加記念品がハワイから贈られるほか、スペシャルエイドとして参加ライダーに特別なサービスを提供しているお店との提携もあり。エイド中の腹ごしらえもハワイアンフードにして、1日ハワイ気分でライドしちゃおうという企画です。

Global Ride編集部も日頃の運動不足を解消すべく、参加者として挑戦してみました♪

※現在イベントは終了しています。
※この記事は2021年5月の記事の再掲載です。

スタートは戸田公園

筆者最寄り駅「戸田公園」からスタート。

今日の目的&ランチはスペシャルエイドに設定されている「コナズ珈琲東浦和店」。片道およそ10kmのライドです。

住宅街を抜けて外環自動車道へ。高架下はJRの線路がずらっと並んでいます。

電車好きとしては、ちょっと萌えスポット(ハワイ関係ないけど…)。

高架を渡りきると突如、BMXコースを発見。コースに囲まれたエリアに時計をくねっと折り曲げて立っているゴリラがいる。

公園の名前はそのものずばり「ゴリラ公園」、なんでゴリラ…?

名前はともかく、このBMXコースは結構長くて起伏に富んでいます。

小さな子供も、大人に交じってオフロードバイクでガンガン走っている。楽しそう!BMXはもちろん、ストライダーも使えるのだそう。

ハワイ到着!?コナズ珈琲東浦和店

ゴリラ公園を後にして走ること30分ほどで、目的地の「コナズ珈琲東浦和店」に到着。

ヤシの木に囲まれたレトロな外観はノースショアの古いダイナーのよう。

駐輪場の青いサインはハワイの公道にある自転車止めだ(喜)!

店内はさらにハワイのムード満点。入り口近くにたくさんのサーフボード、ハワイアンミュージックのBGM。大きなソファとテーブルも、海風で色褪せたようなたたずまい。

久しぶりのハワイアンフード、メニューが充実していて迷ったものの、ここはお店の定番「ハンバーグロコモコ」「ハワイアン コブサラダ」、そしてイベント参加者が利用できるメレ・オブ・バイシクリングのスペシャルエイド特典に掲載されている写真「ストロベリー&バナナホイップパンケーキ」3品をいただくことに。

ジューシーなロコモコの上にのった卵は完璧な半熟だし、サラダも大きなエビとチキンがガッツリ入って食べ応えあり。倒れんばかりの高さに盛られたクリームが迫力満点のパンケーキは程よい甘さで満足感が半端ない!

どれもビッグサイズで、1.5人前はありそう。帰りも元気いっぱい走れるぐらいエネルギー満タンになりました。

ここのお店オリジナルのコーヒーをいただいて満喫しきったら、会計ではイベント参加者用のクーポンでちゃっかり100円割引してもらいました。

お店を後にする頃、待ちの列はさらに増えていたようで、開店直後の来店で正解でした。

テーマで楽しむハワイライド!

ライドを楽しみ、途中の休憩地点で元気を充電して、また次の目的地へ。

過去にハワイライドを経験したことがある人は、感動的な景色やカフェで一息する醍醐味を思い出しながら走ることができるし、未体験のライダーもハワイというテーマをスパイスにイベントを楽しむことができます。

なにせ、日本にはハワイ気分になれるスポットが意外とたくさんあるので、ハワイ気分マップをながめながら目的地を考えるのも楽しい!

初心者でも達成しやすい50kmから、上級者でもチャレンジしがいのある500kmまで幅広い目標距離が設定されているメレ・オブ・バイシクリング。賞品付きのフォトコンテストやチーム部門などもあり。申し込みとライド期間は5月31日まで。

 

FEATURE TRIP&TRAVEL
天空を走る。神秘的な阿蘇ライド
サイクリングを楽しめる神社エリア #01

多くの日本人にとって九州は特別な存在だ。数々の神話が残る悠久のロマンが息づき、手つかずの大自然と都市の距離は近い。その環境が九州独特の文化を育んできたのだろう。なかでも熊本県は阿蘇山(高岳、根子岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳の五岳と広い意味では外輪山や火口原をも含めた呼び名)、熊本城、温泉、湧水など、九州の自然と文化を堪能するにはうってつけの場所。今回は壮大な景色が広がる阿蘇中岳火口を巡り、この地の文化を育んできた阿蘇神社を訪れる熊本ライドをご紹介しよう。

#Ride #Kyushu
FEATURE TRIP&TRAVEL
本州最北端、青森にて
桜と建築をめぐる弘前ライド

日本列島、本州最北端に位置する青森県。一年を通じて楽しめる海や山の幸、奥深い自然はもとより、春に賑わう桜の名所も各地に。今回の桜ライドは江戸時代から栄えた城下町の青森県・弘前市を中心に巡ります。弘前城に広がる桜を眺めて心を癒し、ゴールは800年の歴史を持つ大鰐温泉。最後には身体も癒されます。フルーツや野菜、そして海鮮など、食の彩も豊かな春の青森ライドに出発です。 目次  1. 青森空港をスタート 2. の、その前にちょっとご紹介 3. いざ南へ向かってスタート 4.青森といえばりんご 5.一気に弘前城まで 6. 桜の名所、弘前公園 7. ランチは弘前さくらまつりで堪能 8. 日本の近代建築を眺める 9.若手建築家によるリノベーション×美術館 10.青森の富士山を背に温泉へ 11.歴史のなかにあるいま 1. 青森空港をスタート 青森空港に到着。今回はここからスタートです。青森空港では、2021年より期間限定となりますが、サイクルステーションが設置されています。自転車の組立・解体用のスペースとサイクルラック、そして空気入れまで常備されており、ライダーにはとってもやさしい空港となっています(例年4月下旬から10月中旬まで設置)。空港が位置するのは青森市。北には海が広がり、そこを渡れば北海道の大地が広がりますが、今回向かうのは南。江戸時代には城下町として栄えた弘前市です。向かうは桜でも有名な弘前城。さあ、準備を整えていざ出発。 2. の、その前にちょっとご紹介 今回のルートには含まれていませんが、青森県を訪れた際にはぜひ行ってみたいのが、青森県立美術館。なんといっても有名なのが、大きな […]

#Sakura #Ride