Circle of Cycling Friends
りんとも!
#05 山下晃和さん

ライドを楽しむ人を繋げます。CYCLING JAPAN創設者の河村健一さんからご紹介いただいた今回の「りんとも」は山下晃和さん。アウトドア系の雑誌やCMのモデルをされている傍ら、自転車好きが高じご自身でBike & Campというイベントを主催されています。仕事場への移動もほぼ自転車という山下さんに、ライドにまつわるお話を伺いました。

目次

 Profile
 1. 愛車を教えてください
 2. お気に入りのサイクリングコースは?
 3. 直近で出場したライドイベントとその感想
 4. 次に参加してみたいライドイベントとその理由
 5. 過去のライド人生における最も印象的な思い出
 6. ライド関係のお気に入りグッズとその理由
 7. あなたにとってライドとは?
 次回ゲストのご紹介

Profile

名前 山下晃和/Akikazu Yamashita
職業 モデル兼トラベルライター
趣味 旅行とウエイトトレーニング
自転車歴 22年
SNS Instagram @travel_akikazoo

1. 愛車を教えてください

CannondaleのTopstone。
デザイン性が高くディスクブレーキまでついている割には、意外と買いやすい価格です。ブルーのカラーも気に入っていて3年くらい乗っています。

2. お気に入りのサイクリングコースは?

自宅から二子玉川の河川敷まで。
ホビトレイルと名付けて河川敷では自転車好きの仲間と集まり調理したりランチしたり、自転車のギアを自慢したりしています笑

3. 直近で出場したライドイベントとその感想

2022年8月開催の「SEA TO SUMMIT」(北海道・旭岳)。
自転車は15km、カヤック5km、トレッキング2kmのトライアスロン的な全て人力で進むメニューのイベントです。北海道というロケーションもありますが自然の中を走るのはとてもいいですね。Googleを眺めているだけではわからない起伏や高低差を感じながらスポーツするのは最高です。

4. 次に参加してみたいライドイベントとその理由

シクロクロスのレース「バイクロア」。
茨城県の土浦や埼玉県の秋ヶ瀬、長野県の白秋などで開催されています。激しい坂や山道、砂道など起伏に富んだコースを走行するシクロクロスに、仮装やイベントを組み合わせたエンタメ系のライドイベントで楽しそうですよ。

5. 過去のライド人生における最も印象的な思い出

2011年から半年間に及ぶ南米の自転車旅です。
メキシコから入り、グァテマラ、ペルーなど11の国の国境を自転車でまたぎ、ゴールはアルゼンチンのブエノスアイレスに。
もともとラテンアメリカ文化に興味があり、大学でスペイン語を学んでいたので、いつか海外でスペイン語を話す生活をしたいと思っていました。卒業後すぐにモデルの仕事が始まったのでなかなか渡航が踏み切れなかったのですが、30代前半で思い切って旅立とうと。石田ゆうすけさんの『行かずに死ねるか! 世界9万5000km自転車ひとり旅』(幻冬舎)を読んだ影響もあって、自転車でという無謀な旅への出発に踏ん切りをつけました。

宿があれば泊まりましたが、野宿前提で宿泊道具一式をくくりつけて走っていたので、そういう夜も多かったですね笑。途中で強盗に襲われて骨折したり、何度もパンクしたり大変なこともありましたが、それ以上に親切な人たちとの出会いや土地の魅力を含めた旅の充実感の方がまさって良い思い出です。何より、地図上で見ていた道が繋がっていたということに感動しました。

6. ライド関係のお気に入りグッズとその理由

Ostrich社のパニアバッグ
55kgほどの容量。他社の同類製品よりたくさん入る気がします。縫って直しながら長いこと愛用しています。

7. あなたにとってライドとは?

旅の乗り物。
自転車は旅で乗るのが一番面白いんじゃないでしょうか。車では見逃しがちなものを自転車は発見させてくれるし、観光化されていない部分を見るには一番適している乗り物だと思います。

🚴‍♂️次回ゲストのご紹介

スマートフォンの普及も当たり前ではなかった時代に南米の山々を自転車で旅された山下さん。帰国後はまたモデルの仕事を再開し、今に至っているとのこと。そんなご本人が紹介してくださった「りんとも」は…

石垣美帆さん/モデル

山下晃和さんよりご紹介↓
「雑誌『サイクルスポーツ』での撮影時に知り合いました。スタイル抜群なだけでなく、自転車も心から楽しんでいるので、いつも刺激をいただいてます。サイクルインストラクターなどもされていて、身体を動かし、人に伝えるプロフェッショナルである点も僕と共通しています。また、いつかモデル撮影で共演できればと思っています!」




次回もどうぞお楽しみに!

🚴‍♂️今までに登場いただいた、りんともの皆さん🚴‍♂️

CULTURE
Circle of Cycling Friends りんとも!
#04 河村健一さん

ライドを楽しむ人を繋げます。「星のや富士」サイクリングガイド・岩波信二さんからご紹介いただいた今回の「りんとも」は河村健一さん。訪日観光客向けのサイクリングガイドツアーを開催している「CYCLING JAPAN」の創設者でもあります。日本全国をライドガイドされている河村さんに、自転車にまつわるあれこれを伺いました。

#RingTomo
TRIP&TRAVEL CULTURE
下町自転車散歩 #02
江戸・下町のレジェンド 北斎の名残をさがして(その1)

1856年。フランスの若き版画家ブラックモンは知人のコレクションの陶磁器を見せてもらう。陶磁器は当時海外との国交を禁じていた日本から輸入されたもので、おそらく西欧では希少なものであっただろう。しかし彼の目を惹きつけて離さなかったのは器ではなく、その包装紙だった。それは、葛飾北斎の『北斎漫画』の1ページ。絵に感銘を受けたブラックモンは、その後苦労して入手した『北斎漫画』をパリの画家仲間たちに広め、やがて北斎はフランスからヨーロッパで広く知られるようになる。 …という話は残念ながら創作といわれていますが、北斎が当時のヨーロッパ、とりわけクロード・モネやフィンセント・ファン・ゴッホといった若き印象派の画家たちに強い衝撃を与えたことは広く知られています。 海外では「The Great Wave」と呼ばれる富嶽三十六景の「神奈川沖浪裏」など、だれもが一度は目にしたことのある北斎の絵。日本が初めて芸術デザインを取り入れた現行のパスポートには富嶽三十六景から16~24作品が掲載され、神奈川沖浪裏は2024年秋からの1000円札の新札の図案となるなど、今や日本を代表する画家である葛飾北斎。そして何より本コラム「下町自転車散歩」的には、彼は生涯町絵師として地元を愛したお江戸下町っ子の大先輩でもあります。 本日は下町っ子の不肖の後輩が、北斎が生まれ暮らした墨田区を中心に、その人生の足跡を自転車で訪ねていきたいと思います。 目次  1. やがて葛飾北斎となる者、川の町に誕生(1歳~) 2. ティーンエイジャー(10歳~) 1、 やがて葛飾北斎となる者、川の町に誕生(1歳~) 誕生江戸と下総の国をつな […]

#Tokyo #Hokusai