Circle of Cycling Friends りんとも!
#02 今中大介さん

ライドを楽しむ人を繋げます。TVプロデューサー・河瀬大作さんからの「りんとも」は、みなさんがご存知の今中大介さん。日本人初のツールドフランス出場者です。最近はどのようなライドをされているのでしょうか。

目次

 Profile
 1. 愛車を教えてください
 2. お気に入りのサイクリングコースは?
 3. 直近で出場したライドイベントとその感想
 4. 次に参加してみたいライドイベントとその理由
 5. 過去のライド人生における最も印象的な思い出
 6. ライド関係のお気に入りグッズとその理由
 7. あなたにとってライドとは?
 次回ゲストのご紹介

Profile

名前 今中大介
職業 日本人初ツールドフランス出場者/株式会社インターマックス代表取締役
趣味 自転車/レーシングカートで走ること
自転車歴 45年くらい(大学で自転車部を作ってから)
SNS Instagram @imanaka1
   Facebook @d.imanaka1
   blog ameblo.jp/imanaka11

1. 愛車を教えてください

InterMax Ivector

2. お気に入りのサイクリングコースは?

富士五湖周辺。富士山、八ヶ岳、南アルプスなど四方を山に囲まれている道が好きです。
山中湖周辺はオリンピックロードになってから整備されているので、ふだん乗り慣れていない家族と一緒でも楽しめる道でおすすめです。
仕事柄、さまざまな方と乗りますが、週末は一人で40〜80kmを走ることが多いですね。自由を勝ち取る時間です。

3. 直近で出場したライドイベントとその感想

阿蘇パノラマラインヒルクライム2023。
通常は観光道路のため車が多いですが、この大会では交通規制が引かれ、自転車とマラソンランナーが走れるようになっています。11kmくらいのコース。地元の方と白バイ隊員の雑談から始まった大会らしく、成り立ちも面白いですね。

4. 次に参加してみたいライドイベントとその理由

北海道のイベント。
ツールド北海道の経験はありますが、最近ないので。過去にレーシングチームに所属していた時、下見先の宿泊旅館でタラバガニを食べ、感動のおいしさでした笑。
イタリアのベルガモ、コモ湖周辺も良いですね。Giro d’Italia(ジロ・デ・イタリア)の出場経験はありますが、今はレースではなく楽しみながら走ってみたいです。

5. 過去のライド人生における最も印象的な思い出

やはりツールドフランスです。イタリアのチームに所属していた際に出場し、世界中が熱狂する理由を実感しました。スタートはオランダやデンマーク、ドイツなどその年によって違いますが、ヨーロッパの大地はとにかくどこを走ってもロケーションがとてもきれい。観客はキツい峠エリアで特に盛り上がっています。ひいきの選手が頑張っている姿を応援したいのでしょう。熱い声援を間近でもらうのは格別です。2400mを超える峠もあって、なかなか過酷ではありますが。

6. ライド関係のお気に入りグッズとその理由

クエン酸B C AA。いろいろありますが、最近は走行前後に疲れを取るために摂っています。あとはどら焼き。カロリーが高くて走行中でもしっとりして食べやすいので。

7. あなたにとってライドとは?

心身ともに整えてくれる相棒。
選手の頃は早く走ることに集中していましたが、今は年齢なりの楽しみ方をしています。
ダート(未舗装の道路)を走って冒険を楽しんだり。まだ体験していないルートを走るとワクワクします。

🚴‍♂️次回ゲストのご紹介

日本のライダーの中ではパイオニア的存在の今中さん。そんなご本人が紹介してくださった「りんとも」は…

岩波信二さん/サイクルツアーガイド

今中大介さんよりご紹介↓
富士山エリアを中心にサイクルツアーガイドをしている彼は元々私と同じ大阪地域で選手をしていて、スポーツマッサージの腕が素晴らしいです。
ある時、自然の中でのサイクルツーリズムの仕事に目覚め、それ以降は”星のや”のツアーを中心にガイドをしている方です。2023年はグランフォンド世界選手権に年代別のカテゴリーで出場しています。




次回もどうぞお楽しみに!

Global Ride Member

最新情報とお得な情報をいち早くゲットしよう!

MORE INFO