CYCLE MUSIC⑥
佐野元春 「アンジェリーナ」

あけましておめでとうございます。2024年最初の「CYCLE MUSIC」、新しい年の幕開けに相応しい、音楽好きとしての自分の人生の原点のひとつにもなった、日本人アーティストの楽曲を紹介しましょう。1980年代の、そして僕の青春時代の幕開けを告げた曲でもある、佐野元春の「アンジェリーナ」です。

彼のデビュー・シングルとして1980年春にリリースされたこの曲は、連載開始当初から、すぐに自転車ジャケットとして思い浮かべていましたが、最高のタイミングで筆の雫とできることを嬉しく思います。学生時代には、聖地巡礼という感じで、このジャケット写真が撮られた(ファースト・アルバム『BACK TO THE STREET』も)横浜の「赤い靴」という店を訪ねたりしたのも、懐かしい思い出です。

佐野元春はポール・ウェラーらと並んで、自分がミドルティーンの頃に最も影響を受けたアーティストのひとりで、僕は毎週月曜夜に、NHK-FMで放送されていた彼がディスクジョッキーを務める番組「Sound Street」を聴くことで、様々な素晴らしい音楽と出会い、レコードに夢中になっていったのでした。高校2年生のときの文化祭のテーマソングが、彼のキャリア初期を代表する名曲「SOMEDAY」で、仲間と夜の講堂で大合唱したのも印象深く、40年の時をこえて忘れられない青春のワン・シーンです。

この「アンジェリーナ」は、佐野元春の作品でもっと好きな曲はいくつもありますが、やはりデビュー・シングルとしてはこれがベストと思わずにいられない、いま聴いても胸をつかまれ、心震わされずにはいられない会心の一曲。“Born To Run”な疾走感に、ほとばしるような言葉のセンス、歌詞とビートとメロディーが織りなすスピーディーな一体感に、若き日の僕は感電するようにしびれたのでした。余談ですが、個人的に昔から苦手な場だったカラオケにおける、バラードやテンポの遅い曲が恥ずかしくて歌えない自分には貴重なレパートリーでもあったりします。

佐野元春「アンジェリーナ」

Profile

橋本徹/Toru Hashimoto(SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。サバービア・ファクトリー主宰。渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。『Free Soul』『Mellow Beats』『Cafe Apres-midi』『Jazz Supreme』『音楽のある風景』シリーズなど、選曲を手がけたコンピCDは350枚を越え世界一。USENでは音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作、1990年代から日本の都市型音楽シーンに多大なる影響力を持つ。近年はメロウ・チルアウトをテーマにした『Good Mellows』シリーズが国内・海外で大好評を博している。

Art Work_spoken words project

Global Ride Member

最新情報とお得な情報をいち早くゲットしよう!

MORE INFO