CYCLE MUSIC⑧
The Smiths
「This Charming Man」

ジャケットやMVなど様々な観点から、自転車にまつわる名曲についてのあれこれを綴っているマンスリー・コラム「CYCLE MUSIC」。今月は“Punctured Bicycle”と歌いだされる、The Smithsの「This Charming Man」を紹介しましょう。

これは個人的に、連載第1回で取り上げたThe Style Councilの「My Ever Changing Moods」や、Aztec Cameraの「Oblivious」と共に、音楽に夢中になった17歳のときにリアルタイムでリリースされて虜になった3曲のうちのひとつです。

1980年代前半、パンク〜ニュー・ウェイヴの波をこえて、イギリスから新しく生まれてきたアコースティックなポップスが好きだったんですね。The Smithsと言うと、Morrisseyのヴォーカルと歌詞のカリスマ性が注目されがちですが、イントロのJohnny Marrの瑞々しいギターから衝撃を受けました。そしてメロディアスな美しい歌声に、モータウン・ビートの影響色濃い“最強のベース・ライン”と言われたAndy Rourkeによるグルーヴの推進力。FMラジオで耳にして一聴してノックアウトされた僕は、すぐに12インチ・シングルを買いに行って、ジャン・コクトー(Jean Cocteau)監督1950年のフランス映画『オルフェ(Orphée)』でジャン・マレー(Jean Marais)が水たまりに横たわるシーンを写した、そのジャケットにも魅せられたのでした。

寂れた丘で自転車をパンクさせてしまった若者と、そこを素敵なクルマで通りかかった感じのいい紳士“This Charming Man”のストーリーを描いた、ポエティックな歌詞にこめられた多面的な意味合いに気づくのは、大学生になってからのことでしたが、17歳の僕を魅了した、イギリスの緑したたる田園風景を自転車で駆け抜けていくようなその爽快感・疾走感は(「My Ever Changing Moods」や「Oblivious」もそうですね)、40年の時が経った今もフレッシュに心を躍らせてくれます。

The Smithsの楽曲では、Johnny Marrの気持ちのよいリンガラ風ギターとMorrisseyのヨーデル・ヴォイスに高揚する「The Boy With The Thorn In His Side(心に茨を持つ少年)」と並んで、現在もなお(ときには“New York Remix By Francois Kevorkian”で)DJプレイすることのあるフェイヴァリット作であることも付け加えておきましょう。

The Smiths「This Charming Man」



♬CYCLE MUSIC STORAGE♬
#01 The Style Council “My Ever Changing Moods”
#02 Cordelia “Play Pretend”
#03 Corinne Bailey Rae “Put Your Records On”
#04 Georgie Fame ”Happiness”
#05 Alulu Paranhos “Bicicletinha”
#06 Motoharu Sano “Angelina”
#07 B.J. Thomas “Raindrops Keep Fallin’ On My Head”
#08 The Smiths “This Charming Man”
#09 Dominic Miller “Bicycle”
#10 NewJeans “Bubble Gum”
#11 Tank and the Bangas “Smoke.Netflix.Chill.”


Profile

橋本徹/Toru Hashimoto(SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。サバービア・ファクトリー主宰。渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。『Free Soul』『Mellow Beats』『Cafe Apres-midi』『Jazz Supreme』『音楽のある風景』シリーズなど、選曲を手がけたコンピCDは350枚を越え世界一。USENでは音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作、1990年代から日本の都市型音楽シーンに多大なる影響力を持つ。近年はメロウ・チルアウトをテーマにした『Good Mellows』シリーズが国内・海外で大好評を博している。

Art Work_spoken words project

CULTURE
CYCLE MUSIC⑨
Dominic Miller
「Bicycle」

毎回ちょっとした自転車と音楽にまつわるエッセイを綴っているマンスリー・コラム「CYCLE MUSIC」。今回は名ギタリストDominic Millerによる、その名も「Bicycle」という曲を紹介しましょう。 アメリカ人の父とアイルランド人の母のもとアルゼンチンで生まれ、長らくロンドンを拠点に活躍して、今は南フランスに住んでいるというDominic Millerは、「偉大で穏やかなストーリーテラー」などと多くのメディアで絶賛されてきましたが、何と言っても輝かしいStingの右腕としてのキャリアで名高いですね。Stingは彼のことを「色彩豊かな音の建築家」と称賛し、やはり共演歴のあるPaul Simonはその詩情がこぼれ落ちるようなギター・プレイを「ジャズとイングリッシュ・フォークの香りがする美しい音色」と讃えている、テクニカルかつメロディアスなセンスの持ち主です。 現在は“静寂の次に美しい音”を標榜するドイツの名門ジャズ・レーベルECMから自身名義のリーダー・アルバムをリリースしていて、この「Bicycle」はECMでの2作目として2019年に発表された『Absinthe』に収録されています。そう、“アブサン”という薬草系の強いリキュールのように甘く危険で美しい、彼が魅了された20世紀フランスの印象派アーティストたちへのオマージュとなっている作品集で、僕はこのアルバムのリリースに合わせて丸の内COTTON CLUBで行われた来日公演も観に行きました。 瑞々しいギターのリフレインに、ノスタルジックな哀愁を帯びたバンドネオンや、タイトで空間性に富んだドラミングも印象的な「Bicy […]

#Bicycle
CULTURE
CYCLE MUSIC⑤
Alulu Paranhos 「Bicicletinha」

僕が青春時代に夢中になったネオ・アコースティックと言われる音楽(1980年代のイギリスでポスト・パンク〜ニュー・ウェイヴを礎に新たに生まれた、ジャズやソウルやボサノヴァやラテンの影響を受けた繊細な感性のアコースティック・ポップス)には、自転車をモティーフにしたレコード・ジャケットが多いという印象がありますが、実は自転車にまつわる曲が多いような気がしているのがブラジル音楽。今月はそんな中から、ネオ・アコースティック好きにも薦めたいようなAlulu Paranhosの「Bicicletinha」を紹介しましょう。

#SUBURBIA