CYCLE MUSIC⑦
B.J. Thomas「Raindrops Keep Fallin’ On My Head」

20世紀を代表する名作曲家、バート・バカラックが亡くなって1年が経ちました。ソフィスティケイトされた切なくも美しいメロディー、まさに“バカラック・マジック”と言うべきコード進行やリズム・チェンジを駆使した鮮やかで洒落たアレンジに、大胆かつエレガントな構成といった、軽妙洒脱で創意に富んだ彼のアート・オブ・ソングライティングは、都会的で胸に沁みる歌詞(特にハル・デイヴィッドの詞作)とのマリアージュも相まって、今なお時代をこえて世界中の人々の心をとらえていると思います。

僕がバカラックの名を意識して購入し愛聴したレコードは、サントラ盤や数多くのカヴァーも含め軽く100枚をこえますが、最初に彼の音楽に惹かれたのは、中学生の頃たまたま聴いていたFM番組で流れてきた3曲がきっかけでした。忘れもしない、B.J.トーマス「Raindrops Keep Fallin’ On My Head」(雨にぬれても)、ディオンヌ・ワーウィック「I’ll Never Fall In Love Again」(恋よ、さようなら)、アレサ・フランクリン「I Say A Little Prayer」(小さな願い)。今月のこのコラムでは、その中から自転車との関わりという観点で、「雨にぬれても」を紹介しましょう。

そう、B.J.トーマス「雨にぬれても」と言えば、何と言ってもジョージ・ロイ・ヒル監督が1969年に撮ったアメリカン・ニュー・シネマの代表作『明日に向って撃て!』で、ポール・ニューマンとキャサリン・ロスが自転車に乗ってデートするシーンで流れるのが印象的ですね。僕の友人にも、大好きな映画の琴線に触れるハッピーでロマンティックな瞬間として、このシーンを挙げるシネフィルは少なくないです。アカデミー作曲賞と歌曲賞も受賞しましたが、僕はこの曲の最後、「Because I’m free(僕は自由なんだ)Nothing’s worrying me(何も心配ないさ)」というところが好きですね。 音楽を通してハート・タッチングな瞬間をたくさんプレゼントしてくれた偉大なる天才、バート・バカラックをあらためて讃え、感謝の気持ちを捧げたいと思います。R.I.P.

B.J. Thomas「Raindrops Keep Fallin’ On My Head」

https://youtu.be/_VyA2f6hGW4?si=uMB1cK0ckVJr8DOT

Profile

橋本徹/Toru Hashimoto(SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。サバービア・ファクトリー主宰。渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。『Free Soul』『Mellow Beats』『Cafe Apres-midi』『Jazz Supreme』『音楽のある風景』シリーズなど、選曲を手がけたコンピCDは350枚を越え世界一。USENでは音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作、1990年代から日本の都市型音楽シーンに多大なる影響力を持つ。近年はメロウ・チルアウトをテーマにした『Good Mellows』シリーズが国内・海外で大好評を博している。

Art Work_spoken words project

Global Ride Member

最新情報とお得な情報をいち早くゲットしよう!

MORE INFO